>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

診療技術

診療技術

皮膚科患者にドクターショッピングが多い理由

皮膚科の外来をしていると、「他院で治らない」といって受診する患者が非常に多い。 どういう患者が転院してくるのかを観察していると、一定の法則が見えてきた。 その理由は二つあると思う。 自分で症状が見えるか...
診療技術

ドクターショッピングを避ける工夫③じんま疹編

蕁麻疹も難治なのでドクターショッピング患者が多い。 今回はじんま疹診療の注意点について。 ▼前回の記事▼ じんま疹の治療法 特に1か月以上続く慢性の蕁麻疹の治癒率は低くて、5年間治療しても治ら...
診療技術

良い紹介と悪い紹介から、紹介状の書き方を考える

開業医からの紹介患者を診ることが市中病院の医師の仕事である。 クリニックからたくさんの紹介を受けてきたので、どんな患者が紹介されてくるのかを考えてみると主に3つに分けられる。 診断がつかない ...
診療技術

皮膚科医の当たる手相占い

皮膚科医の手相の見方の話。 アメリカで当たると評判の手相占い 手のひらのシワで性格を診断 これはアメリカで話題らしい手相占い。 1) 自分勝手になりやすく、自身の利益を考えてしまう傾向がある。しかしなが...
診療技術

湿疹とかぜの診かたの共通点 医学書評「かぜ診療マニュアル」

かぜの診療についての評判の本を読んだ。 専門外の内容だが、序章の記載が目を引いた。 「かぜ診療マニュアル」の感想 感冒症状のある患者を何も考えずにかぜと診断しても、ほとんどの場合は問...
診療技術

ドクターショッピングを避ける工夫②軟膏編

「他の皮膚科に行ったけど治りません」といって転院してくる患者は非常に多い。 その中には、実はきちんと軟膏を塗っていない人というのが一定数いるようである。 もう一度仕切りなおして、1週間しっかりと外用してもらうだけで治って...
診療技術

ドクターショッピングを避ける工夫①帯状疱疹編

最近帯状疱疹の発症率が上がっているという。 理由は核家族化や小児のワクチン接種で水痘患者との接触が減り、ウイルスに対する抗体が低下しているためだ。 ドクターショッピングの多い皮膚科だが帯状疱疹の転院患者も多い。 ...