【はじめての方へ】>>ブログの紹介とオススメ記事一覧
医療情勢

カルトの手口と臨床研修について

少し前にカルト宗教が話題になった。 カルトになんかハマるはずない…とほとんどの人が思うだろう。 しかし新興宗教の手口は驚くほど巧みなのだという。 旧2ちゃんねるで絶賛されていた小説「ガダラの豚」。 そ...
キャリアデザイン

柔軟なワークスタイルを考える

ホリエモンの本を読んでいると面白い記載があった。 「飲食店は営業日数を減らしたほうがいい」 むしろ営業日数を減らしたほうがいいのかなって思いますけどね。 最近は、週に半分だったり、年に半分だったりしか営業し...
診療技術

治らないと言わないことは美徳なのか?

世の中には治らない病気は多い。 医師が治せる患者は少ない。病気の診断がつく患者も思うほど多くはない。 (看護のための精神医学) しかし我々の業界では、「治らない」と患者に言ってはならないとされている。 決して「治...
診療技術

「ステロイドの虎」から学ぶプレドニンの使いかた

色々な面白い医学書を出版されている国松淳和先生。 今までいくつかの本を紹介してきた。 ・蹄の音を聞いてシマウマを考える方法「ニッチなディジーズ」 ・不定愁訴をみるために必要なこと「仮病の見抜き方」 ・診断推論へのアン...
診療技術

医療現場のコミュニケーションを学べる本5選

医療現場で働いていると、コミュニケーションの問題に遭遇することは多い。 しかしコミュニケーションというと「患者様の気持ちに寄り添う」といったキレイゴトばかりがクローズアップがちである。 だが現実はそれでやっていけるほど甘...
ゲーム

「7つの習慣」と「嫌われる勇気」は不思議のダンジョンから学んだ

被害者意識全開で、他人の批判ばかりしている人は多い。 自分の身近にもそんな人はいるが、文句ばかりで辟易してしまう。 そうならないためにプレイすべきなのがローグライクゲームである。 ローグライクゲーム...
大学院・研究

パワハラ系サイコパス型リーダーについて

かつて自分もパワハラのようなものを経験したことがある。 特殊な体験だと思っていたのだが、似たような話が書かれた本があったので紹介したい。 アマゾンの創業者ジェフ・ベゾスを描いたノンフィクションである。 ...
マンガ・アニメ

進撃の巨人の細かすぎて伝わらないセリフ5選(マーレ編)

前回の記事で「進撃の巨人」のパラディ島編についてまとめた。 今回は賛否両論のマーレ編についてまとめてみたい。 賛否両論の理由 マーレ編が賛否両論である理由は3つあると思う。 ①カタ...
読書

ネット炎上事件と進化心理学

近年、ネットでの誹謗中傷は加熱している。 数十年前の発言を掘り返されて炎上するケースすらあり、その破壊力は凄まじいものがある。 自分も不届きな輩をSNSで見かけると、ついつい誹謗中傷したくなってしまう。 し...
診療技術

原因は何ですか?と聞きたくなる原因

診療中に聞かれることが多い質問の一つに「原因は何ですか?」がある。 しかしこれを聞かれると困ってしまう。 ほとんどの皮膚疾患が原因不明だからである。 湿疹すらも原因がはっきりするのは稀。 最も多いのは...
読書

遊びの修行をしてみよう

勝間和代氏の著書「ロジカル不老長寿」によると、定年後やることがなくなってヒマな高齢者は多いのだという。 定年後の生活を暮らす方の多くが、本当にやることがない。つまり暇なのです。 そして漫然と時間を過ごしているうち...
診療技術

いろいろな紅斑の呼び名をまとめてみる

紅斑には色々な呼び名がある。 多形紅斑、浮腫性紅斑、紅斑丘疹、蕁麻疹様紅斑など。 でもこれらがどう違うのかは詳しく習ったことがなく、適当に使っているのが実状である。 そこで今回は紅斑の呼び名について、皮疹の表現に一...
マンガ・アニメ

進撃の巨人ベストシーン5選(パラディ島編)

初めて進撃の巨人のコミックを読んだときの衝撃は忘れられない。 絵は正直下手だが、それがかえって巨人の不気味さ、恐ろしさを際立てている。 このマンガはスゲえ…! そして22話以降は連載をリアルタイムで追いかけ...
マンガ・アニメ

進撃の巨人のエルヴィン・スミスから考えるリーダーシップ

進撃の巨人にお気に入りのキャラクターはいるだろうか。 自分が好きなのは調査兵団の団長エルヴィン・スミスである。 このキャラは自ら戦う場面は少なく、主人公エレンとの絡みがほとんどないことから、連載で読んでいたときは...
キャリアデザイン

好きを仕事にできるのか?

最近よく聞くのが「好きを仕事に」という言葉。 ベストセラーの「LIFE SHIFT」によると、今後人間の寿命が100歳まで伸びる可能性が高いそうだ。 そうなると今までのような「60歳まで必死で働いて、残り...
読書

迷惑な高齢者にならないためのフロー状態

最近の若い者は…なんて言われるが、仕事柄、むしろ迷惑な高齢者の方に出くわすことが多い。 彼らに対しては強い陰性感情を抱いているが、なぜそんな高齢者が多いのだろうか。 その理由について書かれた本を読んだので紹介した...
マンガ・アニメ

ブライト艦長の視点から見る機動戦士ガンダム

久々に機動戦士ガンダムを観なおすと、昔とは違った印象をもったことに驚いた。 かつてはブライト艦長はイヤな大人の代表のような存在だった。 形式主義で偉そうだし、すぐに怒鳴り散らす。気に入らなかったら鉄拳制裁。 ...
マンガ・アニメ

大学研修医のお仕事が学べるアニメ「SHIROBAKO」

アニメ制作会社を描いたアニメ「SHIROBAKO」を見た。 これが抜群に面白かった。 一見美少女アニメのようだが、描かれる現場の様子はリアル。 そしてこの作品にとても共感できたのは、大学病院の研修医...
大学院・研究

私が研究を辞めた理由

かつて自分にも基礎研究を行っていた時代があった。 色々なことを学べる良い機会であり、研究に関するポジティブな側面を記事にした。 しかし今は研究には携わっておらず、その理由も記事にした。 ...
読書

オススメ本2021年

2021年もあと2週間。 今回は今年読んだ本の中からベスト10を紹介する。 ▼2018~2020年版はこちら▼ >>オススメ本2018 >>オススメ本2019 >&...
タイトルとURLをコピーしました