>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

恋愛のこと

恋愛のこと

「地雷女」を見抜けるか?【ネタバレ書評】「恋愛中毒」山本文緒

地雷女という言葉があるそうだ。 「地雷女」という言葉を聞いたことはあるだろうか。一見、無害なふりをして潜んでいながら、ひとたび接し方を間違えると爆発し、周囲の人間に大きなダメージを与える女性の通称である。 男を破滅に向かわせ...
恋愛のこと

結婚は人生の墓場なのか?【書評】「損する結婚儲かる離婚」藤沢数希

最近は結婚に対してネガティブな情報が多いように思う。 今回は結婚ネガティブ本の決定版ともいえる「損する結婚 儲かる離婚」のレビュー。 この本では結婚と離婚にまつわるお金の話が解説されている。 男女にとっ...
お金のこと

独身医師が考える嫁にまつわる諸問題 医師の資産形成入門編⑧

初心者へ贈る資産形成入門編。 今回は資産形成における隠れた重要な要素「結婚相手」について解説する。 ▼前回はマイホームについて▼ 開業医の妻の話 「専業主婦の奥さんが家計を全部握っている」とい...
恋愛のこと

モテたい男はこれを読め②【書評】「ぼくは愛を証明しようと思う。」藤沢数希

独身男子ならやっぱりモテたい。 ということで、モテたい男のための参考書シリーズ第二弾。 ▼前回の記事▼ >>モテたい男はこれを読め①【書評】「すべてはモテるためである」二村ヒトシ 今回...
恋愛のこと

モテたい男はこれを読め①【書評】「すべてはモテるためである」二村ヒトシ

独身男子ならやっぱりモテたい。 ということで、モテたい男のための参考書シリーズ第一弾。 ほとんどすべての苦しみは、そもそも「モテない」ことに起因している。 「まったくモテる必要がない」と割り切ることさえできたな...
キャリアデザイン

【恋愛に悩む学生、研修医へ】独身医師が語る『女医の恋愛事情』

前に「卒業のときに医学生の彼氏と別れました」と言っていた女性の研修医がいた。 理由は「彼氏が優柔不断だったから」と。 それを聞いて、これは予後不良なんじゃないかと感じた。 今回は自分のことを棚にあげて、女医...
ジブリ

「海がきこえる」 ワガママ里伽子を好きになっちゃう気持ち ジブリレビュー⑤

若手だけで作られた異色のジブリ作品「海がきこえる」。 マイナーだが結構好きな作品である。 今回のジブリレビューではこの作品について考察してみた。 ▼前回の記事▼ 海がきこえるのあら...
映画

独身男子が見るべき結婚映画「ゴーンガール」

今回は独身男性におすすめの結婚映画を紹介する。 デヴィッドフィンチャーの「ゴーンガール」である。 ▼前回の記事▼ デヴィッドフィンチャー映画について 自分はサスペンス映画が好きで、デヴ...
恋愛のこと

独身医師が「結婚したくなる本」を読んでみた感想【書評】「困難な結婚」内田樹

我々独身男性は結婚というものを真剣に考える必要があるが、結婚についてポジティブな話というのはほとんど出てこない。 ▼結婚についての記事▼ ・【書評】「君がオヤジになる前に」最近ホリエモンの考えに共感できる ...
恋愛のこと

不倫する男の気持ちを知りたい人に 書評「夜明けの街で」東野圭吾

芸能人の不倫が世間をにぎわす今日この頃。 東野圭吾の小説は「白夜行」や「容疑者Xの献身」など愛をテーマにしたものが多いが、この小説は不倫を題材にしたミステリー。 あらすじ 不倫を忌み嫌っていたはずの中年...
恋愛のこと

女性は仕事か結婚か 書評:小倉千加子「結婚の条件」

近年、女性の専業主婦志向が高まっているそうだ。 専業主婦を望む20代女性(内閣府の男女共同参画に関する世論調査) 2002年:33.2% 2007年:40.2% 2012年:43.7% 今いったい何が起...
恋愛のこと

最近ホリエモンの考えに共感できる【書評】「君がオヤジになる前に」

堀江貴文氏は最近自著を出版しまくって稼いでいるらしい。50冊以上の著書がある。 少し古いが、そんなホリエモン本の中から一冊を紹介する。 堀江貴文氏についての雑感 2004...