皮膚科医の日常と趣味とキャリア

市中病院勤務の皮膚科医です。仕事のこと趣味のことについてのブログです。

治療法がない病気をどうみるか 【医学書評】「治らない」時代の医療者心得帳

治療法があまりない病気を診る場合に、どうモチベーションを持ったらよいのか。


前回の記事
【皮膚科を志望する人に】皮膚科は達成感の低い診療科だけど

それを考える上で、とても参考になるのが精神科医、春日武彦先生の「治らない時代の医療者心得帳」。



研修医のときにこの本を読んで、すごく楽になったし春日先生のファンになった。


治る病気と治らない病気についての話。

ちゃんと治る病気でしたら、自分が善人になったような錯覚を覚えられて気分がいいですよね。

オレの技量も満更ではない、と自惚れることもできるかもしれない。


しかしどんな名医が対処しようとも無理な病気はいくらでもあるわけです。


このシニカルな言い回しが好きなのだが、精神科医療の分野では無力感を覚えさせられることがたくさんあるそうだ。


たとえば神経症の場合。


病気が治ったら「病人であったがゆえに棚上げしてもらえているノルマや責任」と直面しなければなりません。

したがって彼らは「治りたいけど、治りたくない」といった矛盾した心性に陥ります。


そういった人たちは「やっと治りました。先生のおかげです。」なんて言いません。いつの間にか通院してこなくなります。


治しても達成感を得られることばかりではないということ。


そして精神科医療には多職種が関わり、治療において医者は絶対的な立場ではない。


精神科の仕事には親切オバサンとか癒し犬なんかのほうが、医者なんどよりよほど安らぎをもたらす場合があります。


でもそれでいいじゃないですか。患者さんが救われれば、結果オーライじゃないかとわたしは思います。


「しっかり話を聞く医者が良い医者だ」と言われるが、話を聞くだけなら医者じゃなくてもよい。

となると治す達成感どころか「医者=治療者」という根本的なところから揺らいでしまう。

それでも春日先生はこう言われる。


患者さんの話に耳を傾けるなんて誰にでもできます。


しかし誰にでもできるようなことをしているのに誰もが達成し得るわけではない結果を引き出すところにこそ、精神科医の喜びがあると思いますね。


診断もはっきりしなければ治療も劇的に効くわけではない。でもそういう中に面白みを見出すシニカルさに魅かれてしまう。

春日先生によると医師に必要なのは「若干のシニカルさ」だそうだ。

「正義のヒーローよりも悪役の方が好き」みたいなちょっとひねくれた考え方。

入れ込みすぎないで肩の力を抜くことの大切さを教えてくれる。


治療法のない病気を多く診る場合に参考になる考え方だと思う。


【皮膚科を志望する人に】皮膚科は達成感の低い診療科だけど

診療科を選ぶ上で大事になることの一つは「達成感」だと思う。


達成感が高いのは、難しい手術や手技があって、それで患者を治したという実感がある科である。


皮膚科は治る病気が少ないので達成感は低い。


2chのテンプレによると、他に達成感が低いのは「神経内科」、「放射線(診断)科」、「精神科」。

皮膚科  余暇A, 名誉D, 面白さC, 達成感C

 

神経内科 余暇B, 名誉B, 面白さA, 達成感D

放射線科 余暇A, 名誉B, 面白さA, 達成感C

精神科  余暇A, 名誉D, 面白さB, 達成感D


一緒にするなと言われるかもだが、これはロクな治療法がないという共通点があるからだと思う。
(放射線診断科(IVRは除く)はそもそも診断に特化しているが)


医療は「診断」のパートと「治療」のパートに分かれている。


達成感のあるのは治療に重きを置く診療科である。患者を治したという実感が得られる。


分かりやすいカタルシスを求める人は、治療の重きを置く科を目指すのがよいだろう。


でもあまり治療法のない病気というのはたくさんある。そういう病気を主に診る科は診断に重きを置くことになると思う。


他科の本を読んでもそういう傾向がありそうだ。

神経内科の醍醐味とは局在診断であり、画像に頼らず「病歴」と「診察」で神経系が障害されている場所を決める作業です。

(極論で語る神経内科)



放射線診断はとても面白いということを強調したい。
そもそも、医療全般において、診断する過程が最も面白い部分の一つであるから、いいとこどりをしている医学だと思う。

(画像診断を考える)



治療はあまりなくても診断をつけることが醍醐味になるということ。


皮膚科も診断がメインの科だと思っている。


見たこともない難しい病気を診断できたときの充実感は大きい。でも治療法はなかったりする。

関連記事:皮膚科の面白さはレアモノ探し


では治療法があまりない病気を診る場合に、どうモチベーションを持ったらよいのか。


これは精神科が参考になるような気がする。

 

治療法がない病気をどうみるか」につづく

【100記事到達】ブログ人気記事10選を公開

ブログ記事がついに100記事に到達した。到達まで8か月。


今回は
Googleアナリティクスを使って、いままでの記事のアクセス数ランキングを調べてみた。


10位 皮膚科患者にドクターショッピングが多い理由




皮膚科の外来は特に「他の病院で治らない」といって受診する患者が多いと思う。

その理由について考察した記事。

2つの理由が考えられて、それは皮膚科の根本的な問題。


「ドクターショッピングを避ける工夫」シリーズのまとめ記事でもある。




9
位 皮膚科医の当たる手相占い




かなり初期の記事。


皮膚科医にとって手相をみることで得られる情報があるという話。

アメリカで話題の手相占いも紹介した。意外と当たっている。




8
位 売上が低くて肩身の狭い皮膚科の経営戦略とは




市中病院では科の売上が重要視される。

皮膚科は売上が少ないのでいつも槍玉に挙げられる。


病院の収益と利益のしくみと、皮膚科が取り組む
2つの戦略についての解説。

開業してからも患者紹介のときに役立つ知識だと思う。




7
位 ステ振りで考える診療科選び




医学生向けに、ステ振りからおすすめの診療科を考えた。

ステ振りとは

RPGなどで一定のステータスを振り分けてキャラクターを作成するシステム。
戦士系、魔法使い系など自由に作成できるが、振り分けに失敗するとゲームクリア不能になる場合もある。

ステータスからはマイナー外科はおすすめできそう。


ステ振りを間違うと無理ゲーになってしまうので注意。




6
位 【皮膚科手術難易度ランキング】皮膚科における手術の位置づけについて




論文に皮膚科の手術難易度ランキングが掲載されていたので紹介した。


皮膚科の特殊なところは手術をしない医師もいること。


手術をしていたら出世できないが、経営戦略的には手術症例を増やさないといけない。

手術の位置づけをどう考えるかについての記事。




5
位 何科に行くか決めた?将来性も加味した診療科の選び方




2ちゃんねるのスレッド「何科に行くか決めた?」より。

診療科を選ぶ上で考えるべきポイントについて考えた。

「自費診療の伸びしろがあるかどうか」というのは重要なポイントになるのではないかと思っている。




4
位 岩田健太郎先生の講演に驚いた話と点滴の回数について




岩田健太郎先生の講演を聞いた感想。岩田先生はスライドをまったく使わずに講演される。


本人の
Twitterで取り上げられて一時的にアクセスを集めた記事。

インフルエンサーの力の大きさを感じた。




3
位 道端アンジェリカと乾癬とお金の話




皮膚科医にとっては大変インパクトのあった道端アンジェリカの乾癬カミングアウト。


そこからみえる日本の医療のパラダイムシフトと問題点を考察した。





2
位 独身医師が結婚について考える 【書評】「困難な結婚」内田樹




「男に結婚のメリットは無い」と言われるが、独身医師が「結婚したくなる本」を読んでみた感想。


しばらく独身でいいやと思った。




1
位 【学生、研修医へ】独身医師が女医の恋愛事情を語る




この年になると、学生時代はオラついていた女子が、いつしか哀愁漂う女性に変わってしまった様をみることが多い。

独身男子からみた女性医師の現状について書いた記事。


アクセス数1位で恋愛ネタへの関心の強さを感じた。



【最高傑作はどれか】歴代ドラクエシリーズランキング&レビュー

発売から30年になるドラゴンクエストシリーズ。


大げさだけど今までの人生はドラクエとともに歩んできたような感じ。


ドラクエ
1の発売年:1986

ドラクエ11の発売年:2017

今回ドラクエシリーズをランク付けしてみた。


個人的に思い入れのあるおすすめ作品。

【ドラクエシリーズランキング(910は未プレイ)】

S3 8


A
4 5 11


B
2


C
1 6


D
7



ドラクエ3(プレイしたハード:ファミコン、スーファミ)


ドラゴンクエストIII そして伝説へ… [Video Game]

自分のドラクエの原点。RPGの基本的な面白さはこの作品で完成していると思う。

ドット絵のグラフィックに胸が熱くなるのは自分がオヤジだからか。

ドラクエ3

Wiiの復刻版があるので現在でもファミコン版をプレイ可能。ドット絵なのに冒険感がある。

今やっても楽しい、懐古厨だが一番好きな作品。


懐古厨とは

「昔はよかった」的な言説を揶揄する表現。過去を神格化し、今を駄目だとする風潮。


若い人がプレイしたら、ただの古臭いゲームにしか思えないのかな。

スーファーファミコンのリメイク版は隠しダンジョンが追加された良リメイク。



ドラクエ8PS2



「ゼルダの伝説
時のオカリナ」をはじめてプレイしたときに、こういうフィールドでRPGをやりたいと思った。


ゼルダの伝説 時のオカリナ

任天堂のアクションアドベンチャーゲーム。

それまでの
2D見下ろし型視点から脱却し、シリーズ初の3D作品となった。

完成度の高さと革新的な提案は世界中から高く評価され、数多くの賞を受賞した


時のオカリナとドラクエ8
ドラクエ8

そんな願望が実現された3Dフィールドでプレイできるドラクエで夢中になった。


フィールドの探索だけで楽しい作品。


「賢者見殺しの旅」といわれるストーリーは非難される場合もあるが、ストーリーやシステムは二の次だと思う。



ドラクエ4(ファミコン、PS)


発売当時は、章立てのシナリオや
AIシステムの評判があまりよくなかった印象がある。


でも仲間はキャラが立っているし、シナリオが一番練られている作品だと思う。


それぞれの章に少しずつ伏線が張ってあって
5章で一つにつながる。


PS
のリメイク版はデスピサロが救済される幻の「第6章」が追加された。

スピンオフで「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」というゲームもある。

ちなみに不思議のダンジョンシリーズは、自分の人生で一番プレイ時間の長いゲームである。





ドラクエ5(スーファミ、PS2


ストーリーが一番印象に残るドラクエ。

モンスターを仲間にできるというシステムと、結婚相手を選べるということが印象的。


結婚相手がビアンカかフローラかという議論はいまだに交わされている。


ドラクエ5
自分は、昔はビアンカ一択だったが今はフローラ。大人になって「お金も結婚の重要なファクター」だということが分かった。


PS2
版のリメイクは仲間モンスターが増えてグラフィックが強化。



ドラクエ11PS4


【PS4】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて


3D
フィールドの新鮮さはないが、ドラクエ8のストーリーとシステムを強化したような正統進化。


関連記事:
ドラクエの魅力とは ドラクエ11クリア後感想、レビュー



ドラクエ2(スーファミ)


ドラゴンクエスト1・2

ファミコン版はやったことがなくて、スーパーファミコンのリメイク版をプレイ。


最近
Wiiの復刻版をやったが、いまだに楽しめる。


ロンダルキアのほこらの直前で全滅するのもお約束。


ドラクエ2

ロンダルキアのほこら

ムチャクチャ強い敵が山のようにひしめくロンダルキアに存在する、唯一の安らぎ処。

ここまでたどり着けば一安心だが、その前にブリザードの【ザラキ】やギガンテスの【痛恨】にやられ、下界に送り返されるのはもはや恒例である。


(ドラゴンクエスト大辞典)



ドラクエ1(スーファミ)


こちらもスーパーファミコンのリメイク版のみプレイ。


1
1の敵との駆け引きは「不思議のダンジョン」のような緊張感がある。


シンプルだけど面白さは変わらない。

ゲーム本編よりも制作秘話の漫画「ドラゴンクエストへの道」のほうが面白かったりする。


マンガは古すぎるので2chのやる夫シリーズ版でも。
やる夫がドラゴンクエストの開発者になるようです


ドラクエ6(スーファミ)



ドラクエ最強の中ボス「ムドー」が印象的。当時は炎の爪の存在を知らずに大苦戦。


ドラクエ6

他にも「キラーマジンガ」や「アクバー」なども強敵で歯ごたえがある。


転職や特技など新システムの導入や、隠しキャラ、アイテムの探索などの魅力も多いが、特技を覚えるために何十回も戦闘をさせられるのがとても苦痛。



ドラクエ7PS


ドラクエ
6と同様に特技を覚えるために200回とか戦闘をさせられるのがツラくてクリアを諦めた。


シナリオが評価されているようだが、シナリオクリア式のシステムになってストーリーが細切れ。


キャラクターの魅力も乏しくてフリーズも多い。


まとめ


FF
シリーズはもはや風前の灯火という感じだが、ドラクエはまだ第一線で頑張っている。


最近はオープンワールド
RPGが人気だけど、JRPGの面白さは健在。


ドラクエの根底には「ハクスラ」の要素があると思う。

 

ハクスラとは

ハックアンドスラッシュの略。

モンスターを倒して経験値やアイテムを入手し、キャラを強化して強力なモンスターを倒すというプレイスタイルを指す。


ストーリーよりも戦闘に勝つことを意識しているスタイルに対して使われる言葉。


FFは「ハクスラ」の要素を捨てて、グラフィックとストーリーに重きを置きはじめて衰退していったような気がする。


ドラクエはこのままの方向性で進んでほしい。


ドラクエの魅力とは ドラクエ11クリア後感想、レビュー

ドラゴンクエスト11PS4)をクリアした。クリア時間は95時間。


ドラクエは
PS2のドラクエ8までしかやっていなくて、910は買っていない。


しかし久々に据え置き機で出るということでやってみた。


PS4
なのでグラフィックがすごくキレイだ。

ドラクエのグラフィックがこんなにキレイになるとはドラクエ7のときには夢にも思わなかった。


恐怖のムービー(ドラクエ
7)とは

世間の美麗なプリレンダムービー乱発の波に耐え切れなかったのか、DQ7でついに3Dのムービーが導入された。


しかし
FF7以下(DQ7の発売はFF9の後)と言われても仕方の無い出来であり、ムービー導入ということでわくわくしていたプレイヤーをどん底に叩き落とし、トラウマを刻み付けたのだった。


(ドラゴンクエスト大辞典)


やっぱドラクエは面白い。


ちなみにブログタイトル「日常と趣味とキャリア」は、ドラクエ
8の「空と海と大地と呪われし姫君」に若干インスパイアされている。


自分のゲームの原点はファミコンのドラクエ
3なんだけど、これは今やっても十分楽しめる(ファミコンを見たこともないような若い人が楽しめるのかは分からないが)。


モンスターと戦って、次の町へ進んで、新しい武器を買うというのが
RPGの楽しみ。


ドラクエ
11も原点の面白さをはずしていない。


こういう正統派
RPGは意外とないので貴重な存在である。


音楽は過去のシリーズのものも使われていて、オヤジプレイヤーに媚びすぎだろと思ったけど、ホムラの里とかでは策略通りテンションが上がってしまう。


ストーリーは普通かと思いきや、「最後の砦」以降の展開には驚いた。


さらにクリア後の世界は難易度が高くてやりごたえがある。


ただ年のせいか、グラフィックがキレイすぎて目が疲れるのが問題ではある。

 

次回は歴代ドラクエシリーズをランキングする。

【最高傑作はどれか】歴代ドラクエシリーズランキング&レビューにつづく

livedoor プロフィール
Twitter プロフィール
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
医師ブログランキング
  • ライブドアブログ