>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

ドラクエ好きのためのオススメフリーゲームランキング【名作フリーゲーム徹底解説】

 

最近フリーゲームが面白い。無料でダウンロードできて、パソコンでプレイするゲームである。

グラフィックのレベルはスーパーファミコンくらいだが、ゲーム性で勝負している作品が多い。

特に「最新のゲームより昔のゲームの方が楽しかった」と思う人には、かなりおすすめだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フリーゲームおすすめRPGランキング

 

たぶん制作者の多くが自分と同世代なんだろう。「ドラクエ」、「FF」、「ロマサガ」、「クロノトリガー」、「メタルマックス」などに影響を受けたと思われるゲームがたくさんある。

特に「ドラクエ5」とか「FF5」とかの時代のゲームが好きであれば、フリーゲームをやらない手はない。

 

今回はドラクエ好きの自分がハマった、フリーゲームRPGの名作ランキングを紹介する。

 

1位 ドラゴンクエストⅣリバスト伝説

クリア時間:20~30時間程度

ファミコン版のドラクエ4の世界をほぼ完全に再現したクローンゲーム。舞台はドラクエ4の数百年前。

ドラクエのクローンゲームの図

 

ドラクエのクローンゲームはたくさんあるが、リバスト伝説のシナリオは小説の一部を基に作られているらしい。

(>>CLONEGAMEPARTY

そのためかストーリーがかなりよくできている。

 

ファミコンを忠実に再現しているが、数百年前ということでバトランドがまだ町だったり、スタンシアラがまだ水没していなかったりとドラクエファンにはうれしい微妙な違いもある。

おすすめドラクエフリーゲームの図

 

またドラクエ6を補完するような設定も追加されていたりもする。

ドラゴンクエストⅣリバスト伝説

 

ファミコンをやったことのない世代には古臭く感じるかもしれないが、ファミコンのドラクエ4に触れたことのある人は絶対プレイすべき傑作フリーゲームである。

 

しかしドット絵を見ると熱くなるのは何故だろう。

>>リバスト伝説ダウンロードサイト(左サイドバーの作品素材(M) → DQ系その5)

>>RPGツクール2000ダウンロードサイト(一緒に必要)

>>解凍ソフト(Lhaz)

 

2位 らんだむダンジョン

クリア時間:40時間(表ダンジョンのみ)

ダンジョン探索に特化したRPG。

らんだむダンジョン画像

何度も繰り返しダンジョンに潜りながら、アイテム収集とパーティ強化を図っていくゲームである。

戦闘はドラクエと一緒で、コマンド選択式のターン制。

 

「アイテム収集」→「キャラクター強化」→「ボス撃破」→「次の階層へ」というのを繰り返していく。

一見単調になりそうだが、1000種類近い膨大なアイテムと、歯ごたえのあるボスの存在でまったく飽きさせない。

ボスは普通では勝てなさそうだが、相手の攻撃スタイルに応じて装備と戦略を考えれば勝てるという絶妙なバランスである。

 

「ゲームはグラフィックじゃない」ということを証明するゲーム。

余計なものを削ぎ落して「ハクスラRPG」の面白さが凝縮されている。

ハクスラとは

ハックアンドスラッシュの略。

モンスターを倒して経験値やアイテムを入手し、キャラを強化して強力なモンスターを倒すというプレイスタイルを指す。

ストーリーよりも戦闘に勝つことを意識しているスタイルに対して使われる言葉。

 

40時間で表ダンジョンまではクリアしたが、まだ裏ダンジョンもあり100時間はプレイできるボリュームがある。

>>らんだむダンジョンダウンロードサイト

>>RPGツクールVXダウンロードサイト(一緒に必要)

 

3位 ドラゴンクエストCOOL

クリア時間:20時間くらい

ドラクエ2のクリア後の世界が舞台のクローンゲーム。

名作クローンゲームの図

 

数あるドラクエのクローンゲームの中でも名作と名高い作品のようだ。

ダンジョン探索がメインのゲームで、「らんだむダンジョン」のキャラとアイテムをドラクエに変えたような感じ。

ドラクエ好きなら絶対楽しめるゲーム。

 

▼詳しい感想は別記事に書きました▼

ドラクエフリーゲームの名作「ドラゴンクエストCOOL」と「COOL monochrome」の魅力を解説
最近フリーゲームをプレイすることが多い。 ファミコンとかスーパーファミコンとかのゲームが好きだった人(懐古厨)が楽しめるゲームがたくさんある。 昔は特にドラクエを夢中になってプレイしていた。 今回は...

>>ドラクエフリーゲームの名作「ドラゴンクエストCOOL」と「COOL monochrome」の魅力を解説

 

4位 Runia廃都の物語

クリア時間:6時間

イラストマップ探索型のアドベンチャーゲーム風RPG。

runia画像

マップが一マス毎に区切られ、設置されたポイントを選ぶことでイベントが発生する。それに対する行動を選ぶことで物語が進むアドベンチャーのようなシステムである。

ダンジョン攻略における無駄や作業感を徹底的に削ぎ落とした点が特徴。

 

戦闘はドラクエ式のコマンド選択型で、10人の仲間を組み合わせるパーティー編成が楽しい。
強さだけではなくて、ダンジョンで使う探索スキルも考慮して編成しなければならない。

一見地味だが、世界観や設定が練られていて、ストーリーも面白い。

 

やり込み要素や周回引き継ぎもあり、クリア時間も短いので何周も楽しめる作品。

>>Runiaダウンロードサイト

>>RPGツクール2000ダウンロードサイト(一緒に必要)

 

5位 魔王物語物語

クリア時間:15時間

シンボルエンカウント式のコマンド戦闘型RPG。

魔王魔王物語画像

略して「まもも」。

高い難易度と、戦略性の高いエンカウントシステムが特徴。

敵シンボルと接触した時の位置関係で、戦闘時の敵の配置が決まるため、敵をうまく一箇所にまとめることができれば、有利に戦闘を進めることができる。

逆に囲まれてしまうとすぐにゲームオーバーになってしまう。

 

とにかくザコ敵が非常に強いので、フィールドの探索も相当緊張感がある。

「ドラクエ」というよりは「ロマサガ」みたいな歯ごたえのあるRPGをやりたい人におすすめ。

 

またもう一つの特徴は、断片的なテキストによるストーリーテリング。

なぜその場所にいるのかも、どこへ行けばいいかも知らされず、断片的な情報を元に噛み砕いてストーリーを理解していかなければならない。それが独特のプレイ感を生み出している。

ちなみにストーリーがよくわからなくても十分に楽しめる。

 

ついでに音楽も非常に良い。序盤のダンジョンからラスダン級の音楽が出てくるのにビックリ。>>魔王物語物語BGM集

 

>>魔王物語物語ダウンロードサイト

>>RPGツクールXPダウンロードサイト(一緒に必要)

 

おすすめフリーゲームのまとめ

 

以上の4作品、いずれも名作なので是非プレイしてみほしい。

最近のグラフィック重視のゲームに飽きた人にはフリーゲームをおすすめする。

 

自分の歴代ドラクエランキング1位は当然…。

【最高傑作はどれだ?】歴代ドラクエシリーズランキング&レビュー
発売から30年になるドラゴンクエストシリーズ。 『ドラクエの制作秘話が面白い 「ドラゴンクエストへの道」』の記事でも書いたが、ドラクエの歴史をたどるのも面白い。 ドラクエ1の発売年:1986年 ドラクエ...

>>【最高傑作はどれか】歴代ドラクエシリーズランキング&レビュー

 

ローグライク系フリーゲームならこちらがおすすめ。

不思議のダンジョン最高傑作は「ディアボロの大冒険」だッ!!【ローグライクフリーゲーム】
ローグライクゲームというジャンルがある。 ローグライクゲーム 1980年に発表された「ローグ」に類似した設計を持つコンピューターRPGの総称 自分はこのジャンルのゲームが好きでかなりプレイしている。...

>>不思議のダンジョン最高傑作は「ディアボロの大冒険」だッ!

 

またストイックなゲーム性を求めるならソウルシリーズも選択肢に挙がるかと。

『デモンズソウルとダークソウルの違い』を比較してみた【DARK SOULSクリア後感想】
今回は久々のゲームネタ。 PS3のダークソウルをクリアしたので感想を書く。クリア時間は67時間。 「ダークソウル」はソウルシリーズの2作目で2011年発売のプレステ3のゲームである。 ソウルシリーズとは...

>>デモンズソウルとダークソウルを比較する

コメント