>>>ブログの紹介とオススメ記事はこちら

趣味のこと

ゲーム

「ゼルダの伝説BotW」をオープンワールドもゼルダも苦手な自分がプレイした感想

ニンテンドーswitchの「ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド(BotW)」を今更プレイした。 このゲームは巷ではとてつもない高評価なのだが、実はプレイするのを躊躇していた。 今回のゼルダはオープンワールド。 オープ...
読書

皮膚科医の読書記録2019年8月

8月の書評は6冊。 ★★★★★5 年間ベスト級 ★★★★☆4 読まないと損 ★★★☆☆3 読む価値あり ★★☆☆☆2 人を選ぶ本 ★☆☆☆☆1 時間の無駄? ▼7月の書評▼ 1. 女医問題ぶった斬り 評価★★★...
ミステリー

【トリック図解!】ミステリーネタバレ感想「妖女のねむり」泡坂妻夫

ミステリーベスト10のネタバレ感想。今回は泡坂妻夫の「妖女のねむり」。 泡坂妻夫の作品の中ではマイナーだが、この小説の凄さは、まったく関連がなさそうな様々な出来事が最後にすべてつながる構成の妙。 トリック...
読書

皮膚科医の読書記録2019年7月

7月の書評は4冊と少な目。 ★★★★★5 読まないと人生損してる ★★★★☆4 年間ベスト級 ★★★☆☆3 読む価値あり ★★☆☆☆2 人を選ぶ本 ★☆☆☆☆1 時間の無駄? ▼6月の書評...
ミステリー

【トリック図解!】ミステリーネタバレ感想「斜め屋敷の犯罪」島田荘司

ミステリーベスト10のネタバレ解説シリーズ。 今回は第6位の「斜め屋敷の犯罪」を紹介する。 島田荘司といえば「占星術殺人事件」だが、こちらは「あるマンガ」でトリックを知ってしまったため驚きが半減。 ...
読書

【書評】仕方なくホリエモンの本を10冊読んで考えた そしたら意外に役立った

ホリエモンは100冊以上の本を出しているらしく、書店を眺めるといつも新しい本が出版されている。 しかしホリエモンは自分では本を書いていないことを公言している。 それどころか、過去のインタビューなどを編集者に焼き直させるだ...
読書

皮膚科医の読書記録2019年6月

6月の書評は5冊。 ★★★★★5 読まないと人生損してる ★★★★☆4 年間ベスト級 ★★★☆☆3 読む価値あり ★★☆☆☆2 人を選ぶ本 ★☆☆☆☆1 時間の無駄? ▼5月の書評▼ ...
ゲーム

【フリーゲーム】ファイアーエンブレム風SRPG「グレイメルカ」が面白いぞ!

最近プレイしてハマったフリーゲームはシミュレーションRPGの「グレイメルカ」。 クリア時間はおそらく20~30時間くらい。 ファイアーエンブレムに影響を受けて作られたゲームらしい。 色々なSLGゲームをやって来て、最も...
ゲーム

【感想/評価】ダークソウル3クリア後レビュー / デモンズソウル・ダークソウル1との比較

遅ればせながらダークソウル3をクリアした。 クリア時間は48時間。 ソウルシリーズのプレイはデモンズソウル、ダークソウルに続き3作目である。 今回はダークソウル3の感想とデモンズソウル・ダークソウル...
読書

皮膚科医の読書記録2019年5月

5月の書評は5冊。 ★★★★★5 読まないと人生損してる ★★★★☆4 年間ベスト級 ★★★☆☆3 読む価値あり ★★☆☆☆2 人を選ぶ本 ★☆☆☆☆1 時間の無駄? ▼4月の書評...
読書

皮膚科医の読書記録2019年4月

4月の書評は本5冊、マンガ1つ。 本年度もそこそこ読めていると思う。 ▼先月の書評はこちら▼ 1. 研修医のための人生ライフ向上塾 評価★★★★☆4 これはとてもよい本。 研修医が...
ミステリー

【トリック図解!】ミステリーネタバレ感想「鴉」麻耶雄嵩

ミステリーベスト10のネタバレ感想シリーズ。 今回は第10位の「鴉」を紹介する。 ▼ミステリーベスト10はこちら▼ ミステリー界の異端児とも言われる麻耶雄嵩。 麻耶ミステリーはクセの強...
ミステリー

【トリック図解!】ミステリーネタバレ感想「りら荘事件」鮎川哲也

ミステリーベスト10のネタバレ感想シリーズ。 今回は第8位のりら荘事件を紹介する。 タイトルは創元推理文庫版だと「りら荘事件」で、角川文庫版だと「リラ荘殺人事件」。 ▼ミステリーベスト10はこちら▼ ...
読書

皮膚科医の読書記録2019年3月

3月の書評は5冊。 今月は豊作だった。 ▼2月の書評はこちら▼ 1. 密室殺人ゲーム王手飛車取り 評価★★★★★5 久々に面白いミステリーを読んだ。 ネットで知り合った5人...
ゲーム

フリーゲーム「ドラゴンファンタジー2」が面白すぎてヤバかった件

その昔、ゲームファンはドラゴンクエスト派とファイナルファンタジー派の2つの派閥に分かれていた。 自分はドラクエ派だったが、それぞれに違った面白さがあった。 それならば両方を併せてしまったらどうだろうか。 ...
タイトルとURLをコピーしました