>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

キャリアのこと

恋愛のこと

不倫する男の気持ちを知りたい人に 書評「夜明けの街で」東野圭吾

芸能人の不倫が世間をにぎわす今日この頃。 東野圭吾の小説は「白夜行」や「容疑者Xの献身」など愛をテーマにしたものが多いが、この小説は不倫を題材にしたミステリー。 あらすじ 不倫を忌み嫌っていたはずの中年...
お金のこと

インデックス投資の具体的な方法 医師の資産形成入門編⑤

前回インデックス投資について解説したが、今回は具体的にアセットアロケーション(資産配分)を公開する。 ▼前回の記事▼ 【医師の資産形成入門編③】お金に無知だった医師が投資を始めるまでの話 まず前回の...
お金のこと

お金に無知だった医師が投資を始めるまでの話 医師の資産形成入門編④

医者にこそ資産形成の知識が必要である。 これから資産形成を始めるため人のための知識を解説するシリーズ第4回目。  お金持ちになる3つの方法 ①収入を増やす ②支出を減らす ③運用利回りを上げる ...
お金のこと

医師に本当に必要な『生命保険』を考える 医師の資産形成入門編③

「お金持ちになる3つの方法」から考える資産形成のはじめかた。 今回は支出を減らす方法。 お金持ちになる3つの方法 ①収入を増やす ②支出を減らす ③運用利回りを上げる (臆病者のための億万長者入門...
お金のこと

家計簿のつけ方と税金の勉強法 医師の資産形成入門編②

資産形成の基礎知識を解説するシリーズ第二回。 資産形成の下準備として、最初は家計の把握と税金の勉強から。 それまで資産管理をまったくしていなかった自分が最初にやったのが家計の把握である。 ▼医師に資産形成が...
お金のこと

医師にもお金の知識が大事だと思う理由【医師の資産形成入門編①】

世間では「医者はお金持ち」というイメージがあるが、そこに落とし穴がある。 医者の生涯年収はサラリーマンの約1.5倍で思ったほど多くはない。 医者(勤務医)の生涯年収⇒4億円(手取り3億円) 大手企業サラリー...
恋愛のこと

女性は仕事か結婚か 書評:小倉千加子「結婚の条件」

近年、女性の専業主婦志向が高まっているそうだ。 専業主婦を望む20代女性(内閣府の男女共同参画に関する世論調査) 2002年:33.2% 2007年:40.2% 2012年:43.7% 今いったい何が起...
クリニック開業

開業準備の前に考えておくべき家計のこと

クリニック開業の前に知っておくべき知識について。 経営の勉強も必要と思い読んだ本より。 開業における家計の把握の重要性 開業のためにはまず自己資金として2000万円準備する必...
大学院・研究

『実験がうまくいかない』ときに読むべきオススメ本3選!【大学院生へ】

自分が大学院生の時は行き詰ったりして色々な本を読んだ。 関連記事>>地方の皮膚科医が大学院で学位を取得するまで 今回は研究がうまくいかないときに役に立ったおすすめの本3冊(+1)を紹介する。 1. 実験がうまくいか...
大学院・研究

地方の皮膚科医が大学院で学位を取得するまで

今回は自分の大学院の時の話。 学位(医学博士)の取得法には2つある。 4年の大学院を卒業して取得する課程博士「甲」と、論文だけで取得できる論文博士「乙」である。 臨床一本と宣言する皮膚科医もいるが、...
クリニック開業

孫社長的開業医を目指す 【書評】志高く 孫正義正伝

開業に役立つ(かもしれない)書評。 孫正義の半生をまとめた本人公認の書籍。 次々に巨大買収を仕掛けるソフトバンクの孫正義に「実業家」ではなく「投資家」との批判の声もあるようだが、この本を読むと、この人の規...
クリニック開業

クリニック開業の準備費用と期間はどれくらいか

 まだ具体的には決まっていないが、クリニック開業の情報収集をしている。 まず必要なのはお金についての情報。 クリニック開業のお金の話は2つに分けられる。 投資計画⇒初期費用 運営計画⇒収入、経費 ...
クリニック開業

開業の適齢について考えてみた

皮膚科医のキャリアデザインを考える(男性編)の記事の続き。 前回の内容からは、クリニック開業の適齢は40歳前後と考えられる。 クリニック運営に必要なマネジメント能力の面からもそのあたりがよいそうで...
キャリアデザイン

新しい医師のキャリア「副業医師」とは何か?【書評】「医師の経済的自由」

前回経済的独立の重要性について書いた。 >>医師のためのキャリアデザイン講座(男性編)【経済的独立を考える】 巷では医師の経済的独立について書かれた本が流行っているらしい。 整形外科の先...
クリニック開業

医師のためのキャリアデザイン講座(男性編)【経済的独立を考える】

どういうキャリアを形成するかを考える場合、「臨床か研究」とか「勤務医か開業医か」という2択になる場合が多い。 しかし現役時代にどう過ごすかに気を取られすぎて、「リタイア後に豊かに暮らす」という観点が欠けていてはいけないと思う。...