【モテたい男はこれを読め①】「すべてはモテるためである」二村ヒトシ

この記事が気に入ったらシェア

独身男子ならやっぱりモテたい。

ということで、モテたい男のための参考書シリーズ第一弾。

ほとんどすべての苦しみは、そもそも「モテない」ことに起因している。

「まったくモテる必要がない」と割り切ることさえできたなら、人間の日々のいとなみの7割ぐらいは省略しても、生きていくうえでは一向にさしつかえないんじゃなかろうか。

男にとって、あらゆる原動力となるのがモテたい気持ちである。

わかりやすいタイトルのモテ本だが、意外と各分野からの評価が高いようだ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

男がモテるようになるための方法

「この本は単なるモテ本ではない。実践的かつ、真面目な倫理学の本である。」

と言っているのは哲学者の國分功一郎氏。

國分功一郎 

 日本の哲学者。17世紀の哲学と、現代フランスの哲学を主な研究対象とする。

 

僕は昨年本を出して、これは暇と退屈というテーマを哲学的に論じたものなんですが、二村さんの本も僕と同じテーマを題材にしているなと思ったんですよ。

とあり、何と哲学的なテーマを語っているようだ。

この本で強調されているのは「モテるためには熱中できる好きなことをみつけるのが大事」ということ。

自分が何を好きなのかをよく知っていて、その理由も認識している男のほうがモテやすいってことを言いたいんです。

「何が好きかを自分でわかってるか」ということは、「あなたには、ちゃんと自分で選んだ自分の居場所があるか」ってことです。

それがあるってことは「しっかりと自分を持っている」ってことです。

「自分が何をすれば楽しいかを知っている」ということは「自分の居場所がある」ということ。

それは自己肯定がうまくできている状態であり、何かを存分に楽しんでいることができる。

するとその人は何かに熱中しているから、それが結果的にその人を輝かせて、モテるようになるということらしい。

この「自分の居場所」というのが哲学的なテーマにもつながるようだ。

それは人生を考える上で大切なこと。

妻に先立たれて、孤独に死んでいかなきゃいけない男性は「自分の居場所」がないとキツいという話です。

老後にも影響してしまうテーマなのだ。

独身男子は女の前に、熱中できることを見つけるべし。

つづく

▼次回は恋愛工学について語る▼

【モテたい男はこれを読め②】「ぼくは愛を証明しようと思う。」藤沢数希
独身男子ならやっぱりモテたい。 ということで、モテたい男のための参考書シリーズ第二弾。 ▼前回は哲学書「すべては...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ