>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

キャリアのこと

お金のこと

資産形成の目標額「金融資産1億円」の意味 医師の資産形成入門編⑨

今回は資産形成の具体的な目標額について考えてみる。 「経済的独立」のために目標とすべき金融資産額は1億円以上とされているようだ。 経済的独立とは>>医師のためのキャリアデザイン講座(男性編)【経済的独立を考え...
クリニック開業

【図解】『開業医の年収』を計算する方法|勤務医の年収と比較する

クリニック開業には、経営や訴訟、自分の健康など数多くのリスクを伴う。 そのため勤務医の年収を超えられなければ開業する意味がない。 データによると勤務医と開業医の平均年収は 勤務医の年収⇒1500...
お金のこと

一人暮らしの火災保険の選び方【不動産会社指定の保険は損】

独身で賃貸のマンションで一人暮らしなので、部屋を契約する時に火災保険の加入が必要になる。 いままでは不動産会社に指定されていた2年縛りのものに加入していたが、更新の時期がきたので見直してみた。 調べると不動産会社の火災保...
診療科選び

【治療を選ぶか?診断を選ぶか?】皮膚科は達成感の低い診療科なのか?

診療科を選ぶ上で大事になることの一つは「達成感」だと思う。 【関連】「QOL」か「やりがい」か?ステ振りで考える診療科選び 達成感が高いのは、難しい手術や手技があって、それで患者を治したという実感がある科である。...
診療科選び

皮膚科の面白さはレアモノ探し 【医学書評】ニッチなディジーズ

診療の現場では、「珍しい病気ではなくて、一般的な病気や命に関わる病気を最初に考えなさい」と教わる。 確かにその通りなのだが、「じゃあ珍しい病気はどうやって診断するのか」については教わらない。 國松淳和先生の「ニッチなディ...
クリニック開業

資産形成で大事な「宝くじに当たった人は不幸になる」こと【マネーリテラシー】

宝くじに当たってもお金持ちにはなれず、不幸になると言われている。 その理由は資産形成をしたい人にとって大事な話である。 地方の皮膚科医@hihukai1 宝くじに当たった人は不幸になるという話。お金は維持するのにも能力...
お金のこと

独身医師が考える嫁にまつわる諸問題 医師の資産形成入門編⑧

初心者へ贈る資産形成入門編。 今回は資産形成における隠れた重要な要素「結婚相手」について解説する。 ▼前回はマイホームについて▼ 開業医の妻の話 「専業主婦の奥さんが家計を全部握っている」とい...
お金のこと

家は買った方が得なのか? 医師の資産形成入門編⑦

初心者のための資産形成入門編。マイホームについての続編。 ▼前回の記事▼ 「持ち家と賃貸はどちらが得か」という議論に対して、持ち家派の意見は以下のようなものである。 賃貸は何も残...
お金のこと

マイホームについての正しい知識 医師の資産形成入門編⑥

初心者のための資産形成第6回。今回はマイホームについて。 ▼前回は投資信託について▼ 地方は高齢化が進んでいて、入院患者も高齢者が非常に多い。 うちの病院の皮膚科も入院患者の平均年齢は80歳...
恋愛のこと

モテたい男はこれを読め②【書評】「ぼくは愛を証明しようと思う。」藤沢数希

独身男子ならやっぱりモテたい。 ということで、モテたい男のための参考書シリーズ第二弾。 ▼前回の記事▼ >>モテたい男はこれを読め①【書評】「すべてはモテるためである」二村ヒトシ 今回...
恋愛のこと

モテたい男はこれを読め①【書評】「すべてはモテるためである」二村ヒトシ

独身男子ならやっぱりモテたい。 ということで、モテたい男のための参考書シリーズ第一弾。 ほとんどすべての苦しみは、そもそも「モテない」ことに起因している。 「まったくモテる必要がない」と割り切ることさえできたな...
皮膚科

女性医師のキャリアデザインを真面目に考えた

たまに学会で女性医師のキャリアについての話を聞いたりする。 子育て、家事、研究、臨床とすべてをこなすスーパーウーマン的な人が出てきて話をしていることが多い。 「頑張ればすべてできますよ」と。 しかしこれは一般の女性...
キャリアデザイン

『時代遅れ』の腰かけOL、専業主婦?【書評】「女子のキャリア」海老原嗣生

女性のキャリアについての本を読んだ。 転職マンガ「エンゼルバンク」の海老沢のモデルになった人が書いていて、思ったよりも硬派な内容だった。 この本では女性のキャリアの歴史と時代背景が解説されてい...
キャリアデザイン

【恋愛に悩む学生、研修医へ】独身医師が語る『女医の恋愛事情』

前に「卒業のときに医学生の彼氏と別れました」と言っていた女性の研修医がいた。 理由は「彼氏が優柔不断だったから」と。 それを聞いて、これは予後不良なんじゃないかと感じた。 今回は自分のことを棚にあげて、女医...
ジブリ

「海がきこえる」 ワガママ里伽子を好きになっちゃう気持ち ジブリレビュー⑤

若手だけで作られた異色のジブリ作品「海がきこえる」。 マイナーだが結構好きな作品である。 今回のジブリレビューではこの作品について考察してみた。 ▼前回の記事▼ 海がきこえるのあら...