>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

最高傑作はどれか | ジブリ好きによる歴代ジブリ映画ランキング&レビュー

 

子供の頃からこれまでジブリ映画は映画館で観たことはなく、テレビで観るくらいだった。

しかし最近「ジブリの教科書」という解説書が出版されていて、何気なく読んでみるとジブリ映画の奥深さに驚いた。

 

宮崎駿や高畑勲、プロデューサーの鈴木敏夫は、作品に対してかなり多くを語っていて、それらを知ることによってジブリ映画は何倍も楽しめる。

そこからジブリ映画にハマって「ジブリの教科書」もほぼすべて読破した。

 

今ではかなりのジブリフリークと言えると思う。

そこでブログでジブリへの思いを込めたレビュー記事を書き始めた。

ジブリレビューとは

解説書「ジブリの教科書」を読みつつジブリ映画の感想を書くという趣旨のシリーズ。ジブリ関連作品も扱う。

ジブリ映画の制作秘話が満載。

 

今回は自分のジブリ映画ランキングと感想をまとめてみた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジブリ映画最高傑作ランキング

 

好きなジブリ映画を個人的にランキングした。また世間一般のランキングや興行収入ランキングについても調べてみた。

ジブリの最高傑作の図

個人的に好きな作品ランキング

個人的に一番好きな作品は「紅の豚」。マイナー作品「海がきこえる」も結構好き。

しかし宮崎駿の最高傑作は「もののけ姫」だと思っている。

詳細はリンク先のそれぞれの記事を参照。

 

みんなが好きなジブリ映画は?ランキング!

1位 となりのトトロ

2位 千と千尋の神隠し

3位 天空の城ラピュタ

4位 風の谷のナウシカ

5位 魔女の宅急便

>>みんなが好きなジブリ映画は?ランキング!

世間一般のランキングでは「ナウシカ」、「ラピュタ」、「トトロ」、「魔女の宅急便」の初期4部作が強いようだ。

 

興行収入ランキング

1位 千と千尋の神隠し:304億円

2位 ハウルの動く城:196億円

3位 もののけ姫:193億円

4位 崖の上のポニョ:155億円

5位 風立ちぬ:120億円

興行収入は人気とはだいぶ異なっている。「もののけ姫」以降の後期作品が強いのはプロデューサー鈴木敏夫の宣伝力によるもの。

>>ジブリを10倍楽しむ鈴木敏夫の話

 

ジブリレビュー一覧(宮崎作品)

 

解説書「ジブリの教科書」を読んだ上での、ジブリ作品、関連作品のレビュー記事一覧。

記事は随時更新中。目標はジブリ全作品解説。

 

「となりのトトロ」

年をとって「となりのトトロ」が好きになった話 ジブリレビュー①
数年前から「ジブリの教科書」というジブリ作品の解説書が刊行されていて、映画を観て解説書を読むということをしている。 ジブリの名作「となりのトトロ」。 実は子供のときはしっかり観たことがなく...

>>年をとってトトロが好きになった話

最近何故か心に染みる。周りに話したら「オヤジになったからでしょ」って…。

 

「紅の豚」

一番好きなジブリ映画「紅の豚」の魅力を解説・考察 ジブリレビュー②
「紅の豚」がジブリの中で一番好きな映画だ。 この映画も子供の時は面白さが分からなかったけど、大人になって良さが分かってきた。 今回は「紅の豚」の魅力を紹介する。 ▼前回の記事▼ 紅の豚の魅力とは ...

>>一番好きなジブリ映画「紅の豚」

男性は紅の豚好きが多いはず。この映画の陽気さは、第二次世界大戦へ向かう暗い世界へのアンチテーゼである。

 

「魔女の宅急便」

「魔女の宅急便」は原作と大きく違う! ジブリレビュー③
久々のジブリレビュー。今回は魔女の宅急便。 「思春期の女の子のはなし」とされていて確かにそういう雰囲気であるが、実際に設定されているテーマは違ったものである。 ▼前回の記事▼ 魔女の宅急便のテー...

>>「魔女の宅急便」は原作と大きく違う

魔女の宅急便には原作があるが、映画は大幅に改編されているという。制作秘話からキューブリックとの共通点を見出した。

 

「耳をすませば」

『耳すま症候群』の実体験とその後の経過 ジブリレビュー④
耳をすませば(耳すま)好きの女性は多いように感じる。一方で男性からは過剰な反応がある。 男性には「耳すま症候群」という疾患の罹患者が多いそうだ。 今回は耳をすませばのレビュー。 ▼前回の記事▼ 耳...

>>『耳すま症候群』の実体験とその後の経過

耳すま症候群とは

爽やかで明るい青春の描写を見て、暗い青春を過ごした人がもうやり直せない時を思い、それと自らの過ごした青春とを比較することにより憂鬱になる様を表したインターネットスラング。

 

「海がきこえる」

「海がきこえる」 ワガママ里伽子を好きになっちゃう気持ち ジブリレビュー⑤
若手だけで作られた異色のジブリ作品「海がきこえる」。 マイナーだが結構好きな作品である。 今回のジブリレビューではこの作品について考察してみた。 ▼前回の記事▼ 海がきこえるのあら...

>>「海がきこえる」 ワガママ里伽子を好きになっちゃう気持ち

若手だけで作られた異色のジブリ作品。ワガママなヒロイン里伽子で男の成熟度が分かるという。

 

「もののけ姫」

「もののけ姫」がジブリの最高傑作だと思う ジブリレビュー⑦
個人的にジブリで一番好きなのは「紅の豚」だと前に書いたが、最高傑作は「もののけ姫」だと思っている。 >>一番好きなジブリ映画「紅の豚」 「もののけ姫」はそれまでの子供が楽しめる作品というスタイルから転...

>>「もののけ姫」がジブリの最高傑作だと思う 

ナウシカの焼き直しなのかと思っていたが、本当は違っていた。

宮崎駿の制作スタイルからして、破綻なくまとまったことが奇跡。

 

「千と千尋の神隠し」

意味がわからないけど面白い「千と千尋の神隠し」の魅力 ジブリレビュー⑩
ジブリ最大のヒット作、日本歴代興行収入第1位の「千と千尋の神隠し」。 邦画の興行収益ランキング 千と千尋の神隠し 308億円 君の名は 250億円 ハウルの動く城 196億円 個人的...

>>意味がわからないけど面白い「千と千尋の神隠し」の魅力

興行収入歴代1位の千と千尋の神隠し。

でも実はストーリーが破綻した問題作だった。

 

「ハウルの動く城」

「ハウルの動く城」はジブリの終わりの始まりだった ジブリレビュー⑪
ジブリ映画が「トトロ」や「ラピュタ」などの国民的アニメから、カルトなアニメに変わっていったのは「ハウルの動く城」あたりからではないだろうか。 今回は解説本「ジブリの教科書」より、ハウルの動く城の光と影について解説する。 ...

>>「ハウルの動く城」はジブリの終わりの始まりだった

「千と千尋」から始まったストーリーの崩壊は「ハウル」で頂点に達した。

ハウルの動く城の光と影について語る。

 

「崖の上のポニョ」

「崖の上のポニョ」は宮崎駿の失敗作なのか? ジブリレビュー⑫
宮崎アニメの崩壊は「ハウルの動く城」で表面化した。 ▼前回の記事▼ そして「崖の上のポニョ」でさらにエスカレートしてしまったように思う。 今回のジブリレビューは崖の上のポニョについて。 ...

>>「崖の上のポニョ」は宮崎駿の失敗作なのか? 

子供向けの作品として制作が開始された「崖の上のポニョ」。

しかし完成したのは老人のための映画だった。

 

「風立ちぬ」

【宮崎駿の逆襲】「風立ちぬ」をファウスト伝説から考察する ジブリレビュー⑬
今回のジブリレビューは風立ちぬ。 「もののけ姫」以来の大人向け作品だが、世間一般の評判はあまりよくはないようだ。 「ハウルの動く城」、「崖の上のポニョ」とシナリオが破綻した意味のよくわからない作品が続いたため、「...

>>【宮崎駿の逆襲】「風立ちぬ」をファウスト伝説から考察する

一見意味不明に見える映画だが、ストーリーは崩壊していない。

ファウスト伝説を知ると「風立ちぬ」のラストシーンの意味がわかる。

 

ジブリレビュー一覧(高畑作品)

 

高畑勲作品のレビュー。

宮崎駿の作品に比べてパッとしない印象があるが、考察してはじめてわかる面白さがある。

 

「火垂るの墓」

「火垂るの墓」は反戦映画ではなくニート映画だった ジブリレビュー⑥
反戦映画の代表格「火垂るの墓」。 戦時中の兄妹の悲惨な死を描く映画である。 しかし、しっかり見てみると火垂るの墓は反戦映画ではないということがわかる。 今回のジブリレビューでは、高畑監督のインタビューも踏ま...

>>「火垂るの墓」は反戦映画ではなくニート映画だった

意外と曲解されている映画の正体。この映画は反戦映画じゃない。

 

「おもひでぽろぽろ」「となりの山田くん」

高畑作品の秘密を語る「おもひでぽろぽろ」「となりの山田くん」 ジブリレビュー⑨
高畑勲は非常に緻密な作品をつくるのが特徴である。 宮崎駿の「冒険活劇」に対抗すべく、リアルなアニメーションを目指しているそうだ。 バーチャルとかファンタジーというものは何の役にも立たないと僕ははっきり言いたい...

>>高畑作品の秘密を語る「おもひでぽろぽろ」「となりの山田くん」

一見地味な高畑作品の秘密を明かす。

高畑勲の映画には「社会問題」と「映像的挑戦」が隠されている。

 

「かぐや姫の物語」

「かぐや姫の物語」が面白くないけどスゴイ理由を考察・解説 ジブリレビュー⑭
高畑勲監督の遺作となった「かぐや姫の物語」。 一部では大絶賛されている一方で、世間の評判は必ずしも良いとはいえない。 自分も観ていて、「凄いんだけど何か面白くはないな」という印象だった。 でも解説本を読んで...

>>「かぐや姫の物語」が面白くないけどスゴイ理由を考察・解説

「凄いんだけど何か面白くはないな」という印象だった「かぐや姫の物語」。

解説本を読破して初めて分かる「かぐや姫の物語」が面白くない理由と凄さについて考察した。

 

関連作品・書籍レビュー一覧

 

「風に吹かれて」

ジブリを10倍楽しむ鈴木敏夫の話「風に吹かれて」 【ジブリレビュー番外編】
今回はジブリレビューの番外編。関連書籍の書評。 ジブリのプロデューサー、鈴木敏夫がジブリの歴史について語った「風に吹かれて」。 これがジブリの裏側がたくさん書いてあってすごく面白い。 風に吹かれての感想 会社...

>>ジブリを10倍楽しむ鈴木敏夫の話「風に吹かれて」

プロデューサー鈴木敏夫のジブリ裏話が面白い。ガンダムの富野監督の話題も追記した。

 

「夢と狂気の王国」

ジブリ第3の男・高畑勲を描く 「夢と狂気の王国」ジブリレビュー番外編②
「夢と狂気の王国」はジブリの制作現場を取材したドキュメンタリー映画。 ちょうど「風立ちぬ」と「かぐや姫の物語」を制作していたときに当たる。 いままでもジブリのドキュメンタリーはたくさん出ているが、この映画の決定的...

>>ジブリ第3の男・高畑勲 「夢と狂気の王国」

ジブリのメイキング映画から高畑勲を語る。高畑がいるからジブリが成り立っている?

コメント