>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

「ハウルの動く城」はジブリの終わりの始まりだった ジブリレビュー⑪

 

ジブリ映画が「トトロ」や「ラピュタ」などの国民的アニメから、カルトなアニメに変わっていったのは「ハウルの動く城」あたりからではないだろうか。

今回は解説本「ジブリの教科書」より、ハウルの動く城の光と影について解説する。

 

▼前回の記事▼

意味がわからないけど面白い「千と千尋の神隠し」の魅力 ジブリレビュー⑩
ジブリ最大のヒット作、日本歴代興行収入第1位の「千と千尋の神隠し」。 邦画の興行収益ランキング 千と千尋の神隠し 308億円 君の名は 250億円 ハウルの動く城 196億円 個人的...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハウルの動く城の感想

ハウルの影:意味がわからないストーリー

 

宮崎監督は「作品の説明は全部はぶいてある」と語っているそうだ。

ハウルの動く城には原作が存在して、しっかりとした設定があるのだが、映画では本来必要な説明が省かれていて話が成立していない。

 

例えばこれらについての説明がないと、ラストの「ハウルの心臓が戻って復活するシーン」の意味がわからない。

 

  1. ハウルとカルシファーの契約の詳細
  2. カルシファーがハウルの心臓を持っていた理由
  3. ソフィーの持つ魔力

意味不明なハウルの動く城の図

 

これらを隠されたメッセージと言うのは苦しいと思う。

宮崎駿は「作りながらストーリーを考える」という手法で映画を制作する。

関連記事>>一番好きなジブリ映画「紅の豚」ジブリレビュー②

 

鈴木敏夫(>>ジブリを10倍楽しむ鈴木敏夫の話「風に吹かれて」)のインタビューによると、制作途中でストーリーに矛盾が生じてしまったそうだ。

問題はストーリー展開でした。一時間たっても収束に向かわず、まだ立ち上がり続けている。

宮さんが僕の部屋に走ってきて、珍しくドアをバタンと閉めました。

「鈴木さん、話がまとまらないよ。どうしよう?」

 

これから考えると、ただ原作を消化しきれなかったと言わざるを得ない。

 

ハウルの動く城の原作との違い

 

映画のメインテーマとなるのは戦争だが、原作には戦争の記述はほとんどない。

ハウルの動く城の戦争シーン

「ハウルの動く城はイラク戦争に大きな影響を受けている」

 

と宮崎駿は語っており、無理やりねじ込んだ形である。

 

原作はみんなで協力して荒れ地の魔女と戦う話。

しかし映画は荒れ地の魔女が突然仲間になったり、戦争のテーマをねじ込んだりと行き当たりばったりで話を進めた結果、シナリオが崩壊してしまった。

 

崩壊の片鱗は「千と千尋の神隠し」にもあったが、ついに顕在化してしまったようだ。

>>意味が分からないけど面白い「千と千尋の神隠し」ジブリレビュー⑩

 

困った宮崎は鈴木敏夫のアイデアで無理やり映画を終結させた。

いろんな登場人物の話を立ち上げて、こんがらがって困ったところで、全員を登場させてうやむやにする。

解決法はそれしかないんじゃないかと思ったんです。

 

そのため意味不明な終わり方になってしまった。

なぜ戦争が終結したのかもよくわからない。

 

宮崎駿の魅力は、魔女の宅急便のように「原作を大きく改変する」ことにあるのだが、今回は不発と言わざるを得ない。

>>「魔女の宅急便」は原作と大きく違う!ジブリレビュー③

 

珍しい話ですよね。起承転結じゃなくて、起と承がずっと続いていますよね。

 

ハウルの光:動く城のデザイン

 

でも見どころがまったくないわけではない。

 

「様々な素材を寄せ集めた城なんだ。」

 

と宮崎が語る動く城のデザインとアニメーションは圧巻である。

フランスでは「現代のピカソだ」とまで評されたそうだ。

ありがちな城だった原作のイメージと比較すると、宮崎駿の天才っぷりがよくわかる。

ハウルの城の原作との比較

 

作画監督、高坂希太郎はこう語っている。

ハウルの動く城がダメな人はダメなんじゃないでしょうかね。

理屈で考えて見ようとすると、たぶん途中で置いていかれてしまいますから。

理屈で見る映画ではなく、右脳を開いて見た方が面白い映画だと思います。

 

右脳で感じる映画。ジブリ映画は万人受けはしない方向へ進んでしまった。

しかしその反省から宮崎は子供向けの作品に着手する。

ところが…。

 

つづく

「崖の上のポニョ」は宮崎駿の失敗作なのか? ジブリレビュー⑫
宮崎アニメの崩壊は「ハウルの動く城」で表面化した。 ▼前回の記事▼ そして「崖の上のポニョ」でさらにエスカレートしてしまったように思う。 今回のジブリレビューは崖の上のポニョについて。 ...

 

▼ジブリレビューのまとめはこちら▼

>>【最高傑作はどれか】ジブリ好きによる歴代ジブリ作品ランキング&レビュー

コメント