>>>ブログの紹介とオススメ記事はこちら

年をとって「となりのトトロ」が好きになった話 ジブリレビュー①

 

数年前から「ジブリの教科書」というジブリ作品の解説書が刊行されていて、映画を観て解説書を読むということをしている。

 

ジブリの名作「となりのトトロ」。

実は子供のときはしっかり観たことがなくて、学生のときに観たのだけど「毒のない平和な映画だなあ」という感想で特に印象には残らなかった。

 

でも今回観てみると、なぜかとても心に響く映画だった。

それを回りに話してみたら「年をとったからでしょ」と言われた。

年をとったつもりはないのだが。感性が磨かれたのかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

となりのトトロの魅力

 

自然の美しさ、トトロの出てきたときのワクワク感、音楽、どれをとってもすごく良い。

明るさだけではなくて、子供のときに感じていた自然に対する漠然とした不安、怖さみたいなものも描かれていて重厚である。

トトロのバス停

 

迷子のメイを捜すシーン。時間経過とともに少しずつ色合いが変わっていく映像美。

トトロの名シーン

 

またジブリの教科書には宮崎駿監督のロングインタビューが載っていて、たとえば母親がサツキの髪をとかす何気ないシーンなども考え抜かれて作られていることが分かる。

となりのトトロの図

サツキが病院にお見舞いに行ったからって、抱きつくわけにはいかない。ちょっと恥ずかしくってすぐ寄って行かないのが、もっともなんです。

メイは抱きつけるんですね、まだ。

そうするとサツキのおふくろさんはどうするだろう…たぶん髪の毛でもとかしてあげるんじゃないかな。

それが実はサツキを支えているんですね。

 

子供向けだからといって手抜きしない作りこみの細かさを知って、さらに好きになった。

 

となりのトトロの興行収入

 

そんなトトロも映画の興行収入は振るわず、公開終了1年後のテレビ放送くらいから人気が高まってきたそうだ。

ジブリ映画興行収入ランキング

①千と千尋の神隠し      308億

②ハウルの動く城       196億

③もののけ姫         193億

④崖の上のポニョ       155億

⑤借りぐらしのアリエッティ  92.5億

 

⑯となりのトトロ/火垂るの墓  5.9億

⑰天空の城ラピュタ      5.8億

 

興行収入は「火垂るの墓」と2本合わせても5.9億で「千と千尋の神隠し」の1/50。ジブリ映画の中ではワースト2である。

長く残る、本当に良いものは認められるまでに時間がかかるのかもしれない。

 

今後ジブリ映画や関連書籍のレビューを書いていく予定。

つづく

一番好きなジブリ映画「紅の豚」の魅力を解説・考察 ジブリレビュー②
「紅の豚」がジブリの中で一番好きな映画だ。 この映画も子供の時は面白さが分からなかったけど、大人になって良さが分かってきた。 今回は「紅の豚」の魅力を紹介する。 ▼前回の記事▼ 紅の豚の魅力とは ...

 

▼ジブリレビューのまとめはこちら▼

>>【最高傑作はどれか】ジブリ好きによる歴代ジブリ作品ランキング&レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました