「魔女の宅急便」は原作と大きく違う! ジブリレビュー③

この記事が気に入ったらシェア

久々のジブリレビュー。今回は魔女の宅急便。

「思春期の女の子のはなし」とされていて確かにそういう雰囲気であるが、実際に設定されているテーマは違ったものである。

▼前回の記事▼

一番好きなジブリ映画「紅の豚」の魅力を解説・考察 ジブリレビュー②
「紅の豚」がジブリの中で一番好きな映画だ。 この映画も子供の時は面白さが分からなかったけど、大人になって良さが分かってきた。 ...
スポンサーリンク

魔女の宅急便のテーマ

解説本ジブリの教科書によると、この映画は「田舎から都会に出てきて働く女性たちのことを描いた映画」なのだという。

都会で一人暮らしをするキキの色々な苦労は、現代社会で女性が遭遇するであろう物語。

仕事のサクセスストーリーではなくて、「仕事の大変さ」をリアルに描きたかったらしい。

有名なニシンのパイのシーン。せっかく届けたパイをいらないと言われショックを受けるキキ。

ニシンのパイを届けるキキ

宮崎駿のインタビュー。

人から人へ物を運ぶことによって、自分が他人に幸せをもたらすとか、そういう甘ちゃんなことはいっさいやめようと。

冷たい反応があったり、好意の反応があるかと思ったらなかったり。

とにかく成功物語にしては絶対にいけないと、それは初めから気をつけていたことです。

実は大人向けの作品なのだ。

原作者からの批判

魔女の宅急便には原作の児童書がある。

原作は色々な不思議な依頼を知恵をしぼって解決していくという話だが、映画はもっと現実的な話に大幅に改編されている。

この改編に原作者が不満を感じたのだという。

これは映画の世界ではよく聞く話である。

スタンリーキューブリックの名作「時計仕掛けのオレンジ」や「シャイニング」も原作者から嫌われている。

 

原作者に嫌われるくらい物語を変えてしまうのが、名監督の条件なのかもしれない。

原作を忠実に再現しようという映画は原作を超えられないことがほとんどで、名作になったという話は聞かない。

つづく

『耳すま症候群』の実体験とその後の経過 ジブリレビュー④
耳をすませば(耳すま)好きの女性は多いように感じる。一方で男性からは過剰な反応がある。 男性には「耳すま症候群」という疾患の罹...

あわせて読みたい

ジブリレビューのまとめ

>>【最高傑作はどれか】ジブリ好きによる歴代ジブリ作品ランキング&レビュー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

ブログ更新情報はこちらから

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ