【全部読めばジブリマニア】ジブリレビューのまとめ

この記事が気に入ったらシェア

ジブリレビューの記事のまとめページをつくってみた。

少しずつ充実させていくつもり。

ジブリレビューとは

解説書「ジブリの教科書」を読みつつジブリ映画の感想を書くという趣旨のシリーズ。ジブリ関連作品も扱う。

ジブリ映画の制作秘話が満載。

ジブリ人気にあやかって当ブログのメインコンテンツとして育てたいという考えがあるが、アクセス数はいつも低い。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

映画

「となりのトトロ」

年をとってトトロが好きになった話 ジブリレビュー①
数年前から「ジブリの教科書」というジブリ作品の解説書が刊行されていて、映画を観て解説書を読むということをしている。 ...

子供向けと思ったら間違い。オヤジになったら何故か心に染みる。

「紅の豚」

一番好きなジブリ映画「紅の豚」 ジブリレビュー②
「紅の豚」がジブリの中で一番好きな映画だ。 この映画も子供の時は面白さが分からなかったけど、大人になって良さが分かってきた。 ...

男性は紅の豚好きが多いはず。

「魔女の宅急便」

宮崎駿とキューブリックの監督論「魔女の宅急便」 ジブリレビュー③
久々のジブリレビュー。今回は魔女の宅急便。 「思春期の女の子のはなし」とされていて確かにそういう雰囲気であるが、実際に設定され...

制作秘話からキューブリックとの共通点を見出した。

「耳をすませば」

耳すま症候群の1例 ジブリレビュー④
耳をすませば(耳すま)好きの女性は多いように感じる。一方で男性からは過剰な反応がある。 男性には「耳すま症候群」という疾患の罹...

独身男子は非モテキラーの耳すまをどう観たか?

「海がきこえる」

「海がきこえる」 ワガママ女を好きになっちゃう気持ち ジブリレビュー⑤
若手だけで作られた異色のジブリ作品「海がきこえる」。 マイナーだが結構好きな作品である。 海がきこえるのあらすじ ...

男の成熟度が分かる映画らしい。

「火垂るの墓」

「火垂るの墓」は反戦映画ではなくニート映画だった ジブリレビュー⑥
反戦映画の代表格「火垂るの墓」。 戦時中の兄妹の悲惨な死を描く映画である。 あらすじ ...

意外と曲解されている映画の正体。

「もののけ姫」

近日公開

ジブリの最高傑作はもののけ姫だ ジブリレビュー⑦

関連作品・書籍

「風に吹かれて」

ジブリを10倍楽しむ鈴木敏夫の話「風に吹かれて」 【ジブリレビュー番外編】
今回はジブリレビューの番外編。関連書籍の書評。 ジブリのプロデューサー、鈴木敏夫がジブリの歴史について語った「風に吹かれて」。...

プロデューサー鈴木敏夫のジブリ裏話が面白い。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ