「麦粒腫と霰粒腫」それは皮膚科じゃないですよという病気③

「目のまわりが腫れた」といって皮膚科を受診した患者が、眼科に診てもらうと霰粒腫だったりすることがある。 眼科疾患で皮膚科を受診...

記事を読む

Twitter「1000フォロワー」とブログ「2万PV」までの経過を公開する

ブログ開始から1年と3か月が経過した。 【関連】ブログを始めるきっかけになったこと 目標だった月間アクセス数1万PVを突...

記事を読む

皮膚科の分野別アトラスをまとめた【皮膚科医のオススメ教科書⑫】

皮膚科は見た目で診断するのでアトラスが必須である。 皮膚科全分野のアトラスは以前紹介したが(>>皮膚病アトラス)そ...

記事を読む

【インパクトファクターの目安】インパクトファクターを野球に例えて説明する[2018最新版]

2018年の最新インパクトファクターが発表された。 インパクトファクターとは学術雑誌のレベルを測る指標である。 イン...

記事を読む

人生100年時代に備える結婚とお金のこと【書評】「LIFE SHIFT」

最近話題の本「LIFE SHIFT」。副題は100年時代の人生戦略。 今後人間の寿命が延びて、100年以上生き...

記事を読む

膿痂疹・皮下膿瘍の治療法【皮膚科医の抗菌薬の使い方④】

皮膚科医の抗菌薬の使い方シリーズ第4回。 今回は膿痂疹・皮下膿瘍の治療についてガイドラインを紹介する。 Practi...

記事を読む

皮膚MRSAの抗菌薬【皮膚科医の抗菌薬の使い方③】

MRSAと聞くと「バンコマイシン!ザイボックス!キュビシン!」というのが頭に浮かぶ。 しかし皮膚科で関わってくるMRSAは院内...

記事を読む

「地雷女」を見抜けるか?【ネタバレ書評】「恋愛中毒」山本文緒

地雷女という言葉があるそうだ。 「地雷女」という言葉を聞いたことはあるだろうか。一見、無害なふりをして潜んでいながら、ひとたび接し...

記事を読む

「ハウルの動く城」はジブリの終わりの始まりだった ジブリレビュー⑪

ジブリ映画が「トトロ」や「ラピュタ」などの国民的アニメから、カルトなアニメに変わっていったのは「ハウルの動く城」あたりからではないだ...

記事を読む

軟部腫瘍の考え方「しこりをみたらどう考える?」【皮膚科医のオススメ教科書⑪】

皮膚科では皮下腫瘍の患者を診ることも多い。 しかし軟部腫瘍は整形外科の領域でもある。 この棲み分けは難しいところで、皮膚...

記事を読む

蜂窩織炎の治療法【皮膚科医の抗菌薬の使い方②】

今回は「皮膚科医の抗菌薬の使い方」シリーズ第2回。 蜂窩織炎に対する抗菌薬の使い方をガイドラインから紹介する。 ...

記事を読む

フロモックスを使ってはいけない理由【皮膚科医の抗菌薬の使い方①】

自分が皮膚科医になったときは、抗菌薬はフロモックスやメイアクトなどを頻用していたんだけど、最近は使わないほうがいいという流れになって...

記事を読む

【本格ミステリーに飽きた人へ】ちょっと変わったミステリー風小説おすすめ3選

本格ミステリーばかり読んでいるとたまに飽きてくることもある。 そんな時には他の小説を読みたくなる。しかし若干の...

記事を読む

大学で出世するためのキャリアパス「若手医師のためのキャリアパス論」

医者の働き方は主に勤務医と開業医の2つに分けられる。 (フリー非常勤や副業医師という亜流もあるが。) 開業せずに勤務医と...

記事を読む

フリーランス医師という働き方について考えた

最近は医師の働き方にも色々な選択肢が出てきている。 一つは『新しい医師のキャリア「副業医師」とは何か?』の記事で書いたような、...

記事を読む