【はじめての方へ】>>ブログの紹介とオススメ記事一覧
カテゴリー
     

進撃の巨人ベストシーン5選(パラディ島編)

 

初めて進撃の巨人のコミックを読んだときの衝撃は忘れられない。

絵は正直下手だが、それがかえって巨人の不気味さ、恐ろしさを際立てている。

このマンガはスゲえ…!

 

そして22話以降は連載をリアルタイムで追いかけ夢中になって読んでいた。

先日全巻読み直したので、今回はパラディ島編(1~23巻)のベストシーンを5つ選出してみる。

 

▼前回はエルヴィン団長についてまとめました▼

進撃の巨人のエルヴィン・スミスから考えるリーダーシップ
進撃の巨人にお気に入りのキャラクターはいるだろうか。 自分が好きなのは調査兵団の団長エルヴィン・スミスである。 このキャラは自ら戦う場面は少なく、主人公エレンとの絡みがほとんどないことから、連載で読んでいたときは...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

4話:初陣(1巻)

進撃の巨人を読み始めると、いきなり度肝を抜かれる。

兵士たちがあっさりと巨人に食われてしまうのである。

進撃の巨人の名シーンの図

この巨人の不気味さ、恐ろしさ。

 

さらに衝撃なのは1巻のラストシーン。

いきなり主人公のはずのエレンが巨人に食われてしまう。

進撃の巨人の衝撃シーンの図

これは普通の作品じゃねえ…!

そう思わされたインパクトナンバーワンのシーンである。

 

22話:長距離索敵陣形(5巻)

女型の巨人の登場回。

ただでさえ強い巨人よりもさらに強い巨人の登場は衝撃だった。

進撃の巨人のナンバーワンシーンの図

調査兵団が紙くずのように殺されてしまう。

こんなの勝ち目ないやろ…!

進撃の巨人のおすすめシーンの図

そして味方がひたすら虐殺されまくった後の逆転はカタルシスがあった。

さらにその後の女型の巨人の逆襲など、落ち着く間もなく目まぐるしく変わる展開に惹きつけられる。

もしかしたらこの辺りが一番面白かったかもしれない。

 

50話:叫び(12巻)

エルヴィンの決死の攻撃で、なんとか敵から逃れることができたエレン。

ところが立体機動装置もない状態で、エレンとミカサは巨人に囲まれてしまう。

助っ人のハンネスもあっさりと食われてしまい、もはや勝ち目はゼロ。

死を覚悟し素手で最後の抵抗を試みるエレン。

進撃の巨人の印象に残るシーンの図

そして当然エレンの最後の攻撃はあっさりと防がれてしまう。

ペチンって…。

進撃の巨人の名場面の図

別冊マガジンを読む手が震えた圧倒的な絶望感。

ここからのまさかの逆転は予想不能だった。

 

66話:願い(16巻)

イキりキャラだったエレンが、初めて己の無力さに打ちひしがれる。

エレンは自分が力を与えられた特別な人間だと思っていたが、それが勘違いであったことが明らかになる。

進撃の巨人のベスト5の図

自分にも思い当たるところがあるシーンである。

 

そこでエレンを復活させるのはヒストリアだった。

進撃の巨人のベスト5の図

過去のヒストリアとユミルに重なるエレンの姿。

本筋と関係ないヒストリアとユミルの話が、これまでしつこいくらい描かれてきた理由。

それはこのシーンのためだったのだ。

進撃の巨人の感動シーンの図

 

それまで丁寧に張ってきた伏線が見事に回収された、進撃の巨人屈指の感動シーンだと思う。

進撃の巨人の感動シーン5選の図

 

79話:完全試合(20巻)

数々の絶望的なシーンを描いてきた進撃の巨人だが、ついに究極の絶望シーンが誕生する。

準備万端でシガンシナ区の最終決戦に挑んだ調査兵団であったが、獣の巨人と超大型巨人に囲まれてしまう。

シガンシナ区決戦の図

 

門の内側では、超大型巨人のキック一発でエレンは敗北。

超大型巨人の図

 

一方門の外側では、獣の巨人の投石で調査兵団はほぼ壊滅。

獣の巨人の投石の図

 

一瞬で全滅の危機。

勝ち目が1ミリも見えない状況からどうやって逆転するのか。

この絶望の分、その後の逆転のカタルシスはすさまじかった。

 

(番外編)42話:戦士(10巻)

こちらは番外編。

ライナーとベルトルトの正体が明かされる衝撃の回。

しかし進撃の巨人最大の謎がコマの隅で明かされるという、かつてない演出に作者のセンスを感じさせられた。

普通のマンガ家だったら大ゴマでやるよね、これは。

ライナーの正体の図

 

まとめ

 

今回はパラディ諸島編のベストシーンを5つ選出した。

この作品はとにかく絶望シーンを描くのが上手すぎる。

月刊で連載を追っていたので、次の月が待ち遠しくてたまらなかったのも良い思い出である。

次回は賛否両論のマーレ編について考察する予定。

「進撃の巨人の細かすぎて伝わらないシーン5選(マーレ編)」につづく

 

▼進撃の巨人の元ネタになった「マブラヴ」の感想▼

進撃の巨人の元ネタゲーム「マブラヴ」を語る【感想・解説】
進撃の巨人の元ネタになったノベルゲームがある。 それが「マブラヴ」である。 ノベルゲームでは珍しい巨大ロボットモノ。 進撃の巨人は好きなんだけど、これまで「マブラヴ」はスルーしていた。 自分は...

コメント

タイトルとURLをコピーしました