不思議のダンジョン最高傑作?「ディアボロの大冒険」【フリーゲーム】

この記事が気に入ったらシェア

ローグライクゲームというジャンルがある。

ローグライクゲーム

1980年に発表された「ローグ」に類似した設計を持つコンピューターRPGの総称

自分はこのジャンルのゲームが好きでかなりプレイしている。

今回はジョジョ好きにとって最高のローグライクフリーゲーム「ディアボロの大冒険」を紹介する。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ローグライクゲームとは

ローグとは

  1. プレイのたびに形が変化するランダム生成ダンジョン
  2. ターン制の戦闘
  3. 死んでしまうと武器やアイテムは無くなりレベルは1に戻る

という特徴を持つストイックなゲームで、同様のシステムを持つものをローグライクゲームと呼ぶ。

「遊ぶたびに内容が変化する」ため中毒性があり、「死んだらデータが消えてしまう」ため緊張感の高いプレイが楽しめる。

知る人ぞ知るマニアックなゲームだったが、1993年に発売された「トルネコの大冒険 不思議のダンジョン」で状況は大きく変化した。

不思議のダンジョンとは

ローグのゲーム画面は記号のみで形成されていたが、みんなが知っているドラクエキャラの導入によってとっつきやすくなった。

ローグとトルネコの大冒険

さらに続編「風来のシレン」も非常に完成度が高く、ローグライクゲームは一気に普及し、多くの中毒者を生み出した。

風来のシレン

自分も中毒者の一人。

「トルネコの大冒険」からローグライクにハマり、人生で一番プレイ時間の長いゲームが不思議のダンジョンシリーズである。

中毒性が高く「ほんの30分」と思ってプレイ開始したが最後、止められなくなってしまう。

学生のときはよく徹夜でプレイしていた。試験勉強で徹夜したことはないんだけど…。

ほんの少しのミスで、数時間プレイしたデータがあっさりとロストしてしまう。このゲームをプレイしていれば仕事で多少理不尽なことがあったとしても乗り越えられる気がする。

そして「ディアボロの大冒険」は「ジョジョの奇妙な冒険」をモチーフにしたローグライクの同人ゲームである。著作権は……だがフリーゲームとは思えない完成度の高さを誇る。

ディアボロの大冒険とは

基本的にはジョジョファン以外はお断り

「どのスタンドが第何部に出てくるか」を全部把握しておかないとプレイがおぼつかない。

例:ハーミットパープル⇒3部、4部

さらにローグライクをやったことがない人もお断りという非常に間口の狭いゲームである。

しかし自分のようにジョジョもローグライクも好きな人にとっては最高傑作となるッ!

迫り来る承太郎と億泰。相手を眠らせるデス13。

ディアボロの大冒険プレイ画面

不思議のダンジョン最高傑作?

基本設定は第六部のスタンドDISC。

スタンドDISC

DISCを装備して、ジョジョに出てくるほぼすべてのスタンドを武器や防具として使うことができる。

スタンドDISCの種類

エアロスミスは原作通り敵の位置を感知できる強スタンド。

(この画面のスタンドが全部わかることがプレイの最低条件である)

店主が「トニオさん」だったり、保存のツボが「エニグマの紙」だったりと、作者のジョジョ愛が遺憾なく発揮されている。

トニオさんの店

不思議のダンジョンもジョジョも好きな人には絶対にプレイして欲しい間違いなくオススメなゲームである。

ジョジョのキャラゲーとしても最高傑作なんじゃないだろうか。

プレイ画面を見て惹かれた人はぜひダウンロードして欲しい。

ちなみに著作権の問題(?)で公式のダウンロードサイトは閉鎖されているが、探してみると…。

あわせて読みたい

・ジョジョファン必見「ジョジョランキング」

>>「ジョジョの最高傑作は第何部なのか問題」に決着をつけたい

・ドラクエ好きのためにおすすめフリーゲームRPGの記事も書いてます

>>【名作フリーゲームを徹底解説】ドラクエ好きのための、おすすめフリーゲームランキング

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ