【はじめての方へ】>>ブログの紹介とオススメ記事一覧
カテゴリー
     

フリーゲーム「真・女神転生VX」が結構スゴかった件

 

ずっと仕事の話ばかりなので、久々にゲームネタを。

最近すごいフリーゲームをプレイした。

スーパーファミコンの真・女神転生1を完全に再現した「真・女神転生VX」である(XVではなくブイエックス)。

クリア時間は31時間。

今回はこのゲームの紹介とメガテンシリーズの思い出について書いてみる。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

真・女神転生とは

 

女神転生(メガテン)シリーズは本家の「真・女神転生」と、派生作品(デビルサマナーやペルソナなど)に分かれている。

自分は本家メガテンシリーズのプレイは3からなので、1は未体験だった。

 

  • 本家→真・女神先生
  • 派生作品→デビルサマナー、ペルソナなど

 

真・女神転生1の発売は1992年で、ドラクエ5が発売された年に当たる。

しかし今プレイしても色あせていない。

というか当時としては尖りまくった、かなりのカルトゲームだっただろう。

不気味な雰囲気と無機質な世界観は、かなりオリジナリティが高い。

真女神転生VXの画像

そして荒廃したフィールドと悲しげなBGMもなかなか味わい深い。

真女神転生VXのフィールドの画像

ストーリーは淡泊だけど重厚。

昔、真メガテン3をプレイしたときは淡泊なストーリーに不満があったが、フリーゲームだとこれくらいが丁度いい。

 

ゲームシステムも当時としてはかなり前衛的である。

基本システムは今ではお馴染みの、敵を会話で仲魔にして、合体させ強化するというもの。

戦闘がメンバーの強化を兼ねているので、作業にならない点が特徴である。

 

また悪魔はマップの移動時にマグネタイトというエネルギーを消費する。

強力な悪魔はマグネタイトを多く消費するため、戦闘を避けているとすぐになくなってしまう。

戦闘でしか手に入らないので、敵の出現率を下げる魔法「エストマ」なんて使ったらすぐにガス欠。

あまり強い悪魔ばかりを連れいてくわけにもいかないのである。真メガテン3にはないシステムなので新鮮だった。

 

そして一番の特徴は難易度の高さ。

敵から先制されてしまったら、ほぼゲームオーバーになってしまう。

エンカウント率は高く、町の中でも敵が出現するので、序盤は町を1周する間にも数回全滅するのが常である。

真女神転生VXのダンジョンの画像

 

ボスもムチャクチャ強いので、相当やりごたえがある。

真女神転生VXのボスの画像

フリーゲーム版のオリジナル要素

 

ゲームシステム

フリーゲーム版のオリジナル要素は仲魔がレベルアップすること。

レベル固定で使い捨てだった悪魔をずっと連れていくことができる。

▼レベル67まで育ったエルフ▼

真女神転生VXのなかまの画像

また魔法屋が存在し、仲魔に好きな魔法を自由に覚えさせることができる。

序盤からタルカジャもテトラカーンも覚えられるため、ヌルゲーになってしまう。

真女神転生VXの魔法屋の画像

…というのは完全な思い過ごし。魔法屋を使いこなさないと、とてもじゃないがクリアは困難である。

 

追加ルート

原作は3ルートだったようだが、フリーゲーム版は8ルートに増えている。

真女神転生VXのルート分岐

最初は原作ルートへ進むつもりだったが、最序盤の選択肢でフリーゲーム版のオリジナルルートカオスへ分岐してしまっていた。

気づいたときにはすでに遅し。

普通ユリコを仲間にしてしまうよね…(ムチャクチャ強いし)。

 

他のルートも見てみたいんだけど、1週30時間かかるので保留中。。

(レベルの引き継ぎはない)

とはいえ、かなりやりごたえのある面白いゲームなので(しかも無料…!)レトロゲーム好きはぜひプレイしてほしい。

 

メガテンシリーズの思い出

 

さてここからは女神転生シリーズの思いでも書いてみる。

 

デビルサマナーソウルハッカーズ

メガテンシリーズを自分が最初にプレイしたのはデビルサマナーソウルハッカーズだった。

デビルサマナーソウルハッカーズの画像

デビルサマナーシリーズは「真・女神転生シリーズ」にドラマ性を持ち込んだもの。

本家メガテンはストーリーが淡泊すぎて味気ない印象だが、この作品はストーリーの面白さが際立っていた。

メガテンのシステムと面白いストーリーが両立した最高傑作だと思っている。

 

デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王

デビルサマナーの中でも、葛葉ライドウシリーズはかなり特徴的な作品。

デビルサマナーライドウvsアバドン王の画像

バトルがアクションなのである。

仲魔が2体までしか連れられないが、特技の効果範囲などを考えながら合体させる戦略性が楽しい作品だった。

アバドン王はライドウシリーズの2作目で、前作超力兵団と比べてシステムが大幅に改善されているようだ。

アトラスの作品は2作目以降が本番なのだ。

舞台が大正時代ということで独特の世界観もよかった。

 

ペルソナ5

ペルソナシリーズの初プレイはペルソナ5。

ペルソナ5の画像

RPGとシミュレーションゲームの融合。

このシステムは面白い。

パワプロのサクセスモードのような学園生活を送りながら、合間でダンジョンの攻略を行う。

シミュレーションパートを攻略するとダンジョンパートで有効なアイテムや特技が手に入る。ダンジョンパートをうまく進めるとシミュレーションパートが有利になる。

このお互いのバランスが絶妙で止め時が見つからない名作だった。

 

まとめ

 

JRPGで生き残っているシリーズはもはやわずかしかない。

(FFシリーズはほぼ終了してしまったのか…)

その中でメガテンシリーズは、真女神転生3のリマスターが発売されたり、5の制作が発表されたり、なかなか活発である。

メガテンの原点を楽しめる真女神転生VXをぜひプレイしてほしい。

 

▼ダウンロードサイトはこちら▼

 

その他のおすすめフリーゲームはこちら

『ドラクエ好き』のためのオススメフリーゲームランキング | 名作フリーゲーム徹底解説
最近フリーゲームが面白い。無料でダウンロードできて、パソコンでプレイするゲームである。 グラフィックのレベルはスーパーファミコンくらいだが、ゲーム性で勝負している作品が多い。 特に「最新のゲームより昔のゲームの方が楽しか...

コメント

タイトルとURLをコピーしました