>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

医学書

診療科選び

皮膚科の面白さはレアモノ探し 【医学書評】ニッチなディジーズ

診療の現場では、「珍しい病気ではなくて、一般的な病気や命に関わる病気を最初に考えなさい」と教わる。 確かにその通りなのだが、「じゃあ珍しい病気はどうやって診断するのか」については教わらない。 國松淳和先生の「ニッチなディ...
医学書

膠原病教科書の定番「膠原病診療ノート」【皮膚科医のオススメ教科書④】

今回紹介するのは、膠原病の教科書では一番有名だと思う「膠原病診療ノート」。 自分が最初に買ったときは第2版だったが、今は第3版になっている。 ▼前回の記事▼ 膠原病の教科書について 膠...
医学書

皮膚病理イラストレイテッド①炎症性疾患【皮膚科医のオススメ教科書③】

皮膚科の伝統として、病理医に頼らず「自分たちで病理診断を行う」というのがある。 ▼前回の記事▼ だいたい週1回病理カンファレンスがあって、全員で病理所見を確認し診断するのだ。 そのプレゼンを...
医学書

皮膚のトラブル解決法【皮膚科医のオススメ教科書②】

一般的な皮膚科の教科書は原発疹、続発疹の解説からはじまって、疾患の疫学、病因、病態生理などが詳細に書かれている。 ▼原発疹、続発疹から入らない皮膚のみかた▼ 皮膚疾患は種類が多いので、どうしても1...
医学書

皮膚病アトラス【皮膚科医のオススメ教科書①】

皮膚科の教科書をたくさん紹介しているサイトは少ない。 そこで、このブログで皮膚科のおすすめ教科書について書いていきたいと思う。 「皮膚科医のオススメ教科書」シリーズ第1回目は皮膚科のアトラス。 皮膚科のアトラスについて...
診療技術

湿疹とかぜの診かたの共通点 医学書評「かぜ診療マニュアル」

かぜの診療についての評判の本を読んだ。 専門外の内容だが、序章の記載が目を引いた。 「かぜ診療マニュアル」の感想 感冒症状のある患者を何も考えずにかぜと診断しても、ほとんどの場合は問...
皮膚科

研修医には権威を示そう【医学書評】コンサルテーション・スキル

 前回の続き 基本的に皮膚科は、他科からバカにされているので肩身が狭い。 関連記事>>【何科に行くか決めた??】 将来性も加味した診療科の選び方 そのため、研修医の口...
医学書

PCPの予防投与について 【医学書評】多発性筋炎・皮膚筋炎治療ガイドライン

皮膚筋炎のガイドラインが出たので読んでみた。 膠原病内科のない大学では皮膚科で膠原病をみるようだが、自分の出身医局では膠原病はみていない。 自分で皮膚筋炎をガッツリ治療することはないけど、天疱瘡とかでステ...