毎日診ている皮膚真菌症【皮膚科医のオススメ教科書⑦】

この記事が気に入ったらシェア

皮膚科の患者は湿疹と水虫(白癬)だけで50%を占める。

皮膚疾患の種類の図

関連記事>>皮膚の病気は何種類あるのか

白癬と湿疹を鑑別できれば皮膚科の50%をカバーできるということなので、白癬はとても重要である。

白癬診療の教科書の決定版が常深祐一郎先生の「毎日診ている皮膚真菌症」。

真菌検査の方法から、外用薬の選択法、患者指導まで網羅されている。

検査をする部位、顕微鏡のコンデンサーの設定なども基本だけど大事。

またありがちな副作用「接触皮膚炎」に対する対応ももちろん書いてある。

かぶれを起こす患者は結構多いので、その説明と対応が水虫治療で一番大事になる点である。

説明が不足しているとクレームの原因になる。

▼水虫治療についてはこちらの記事も▼

市販の水虫薬はやめよう OTCに侵食される皮膚科の未来
足白癬(水虫)で病院を受診する患者は2割程度で、半数は薬局で市販薬(OTC医薬品)を購入しているという。(日本医師会雑誌. 146(...

これを読んだらあとは実践あるのみ。

学生、研修医の指導用にも一冊もっておくと便利。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告