皮膚の病気はいったい何種類あるのか?

この記事が気に入ったらシェア

学生や研修医の時、内科外科とかで、まったく聞いたことのない病気というのはあまりなかったように思う。

しかし10年近く皮膚科医をやっていても、いまだに聞いたことのない皮膚病がたくさんある。

皮膚疾患の種類はとても多い。

皮膚科学大系

皮膚の病気は2000~3000種類以上あるそうだ。 (日本医事新報4175, 40. 2014)

しかし皮膚科患者の8~9割は湿疹や水虫などの一般的な疾患であり、だいたい20種類くらいの病気をカバーできていればなんとかなるのだという。

皮膚科受診患者の疾患の割合を調べた報告がある。

湿疹、白癬、蕁麻疹などありふれた疾患が多く、上位の10疾患だけで65%を占めていて難しい病気は入っていない。

 皮膚科受診患者の疾患トップ 10 

1・湿疹 18.7%

2・アトピー性皮膚炎 10.0%

3・足白癬 6.5%

4・蕁麻疹 5.0%

5・爪白癬 4.8%

6・ウイルス性ゆうぜい 4.5%

7・乾癬 4.4%

8・接触皮膚炎 4.0%

9・ざ瘡 3.6%

10・脂漏性皮膚炎 3.3%

(日本皮膚科学会雑誌119(9), 1795. 2009)

特に「水虫」と「湿疹」(アトピーや脂漏性皮膚炎なども含む)の患者は多く、2つだけで50%以上をカバーできる。

皮膚疾患の種類の図

これらは多分半年も皮膚科を勉強したらよいのではないだろうか。

そこまでで止まってしまっている人も意外に多くて、実際にその程度でもあまり困らないのかもしれない。

難しい病気は大きな病院に紹介してしまえばいい。

2~3年で医局を辞めても、皮膚科医を名乗りバイトで稼いでいる人もいる。

しかし一生に一回出会うか出会わないかの1~2割の病気が皮膚科の難しさであり、面白さでもあると思う。

皮膚科医の実力はその1~2割の病気をどれだけカバーできるかにかかっている。

コモンディジーズだけをカバーして浅くやっている人は、皮膚科の美味しいところは味わっていないはずだ。

つづく

▼皮膚科の面白さについて▼

皮膚科の面白さはレアモノ探し 【医学書評】ニッチなディジーズ
診療の現場では、「珍しい病気ではなくて、一般的な病気や命に関わる病気を最初に考えなさい」と教わる。 確かにその通りなのだが、「...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ   

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告