>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

趣味のこと

恋愛のこと

独身医師が「結婚したくなる本」を読んでみた感想【書評】「困難な結婚」内田樹

我々独身男性は結婚というものを真剣に考える必要があるが、結婚についてポジティブな話というのはほとんど出てこない。 ▼結婚についての記事▼ ・【書評】「君がオヤジになる前に」最近ホリエモンの考えに共感できる ...
ジブリ

「魔女の宅急便」は原作と大きく違う! ジブリレビュー③

久々のジブリレビュー。今回は魔女の宅急便。 「思春期の女の子のはなし」とされていて確かにそういう雰囲気であるが、実際に設定されているテーマは違ったものである。 ▼前回の記事▼ 魔女の宅急便のテー...
大学院・研究

Google検索とインパクトファクターの意外な関係【書評】「グーグル ネット覇者の真実」

グーグル創業から現在までの歴史を取材した本を読んだ。 約600ページの分厚い本で、内容も非常に濃い。読むのに1週間かかった。 この本の中で面白かったのは、グーグル検索のアルゴリズムはインパ...
恋愛のこと

【ネタバレ書評】「夜明けの街で」東野圭吾 | 不倫する男の気持ちを知りたい人に

芸能人の不倫が世間をにぎわす今日この頃。 東野圭吾の小説は「白夜行」や「容疑者Xの献身」など愛をテーマにしたものが多いが、この小説は不倫を題材にしたミステリー。 あらすじ 不倫を忌み嫌っていたはずの中年...
マンガ・アニメ

ハンターハンターが再開したぞ!!(2017年6月版)

HUNTER×HUNTERが再開した。 ハンターハンターといえば休載。 ハンターハンターの主な長期休載 ・2006年2月~2007年10月  約1年8カ月 ・2007年12月~2008年2月  約3カ月 ...
ゲーム

『デモンズソウルとダークソウルの違い』を比較してみた【DARK SOULSクリア後感想】

今回は久々のゲームネタ。 PS3のダークソウルをクリアしたので感想を書く。クリア時間は67時間。 「ダークソウル」はソウルシリーズの2作目で2011年発売のプレステ3のゲームである。 ソウルシリーズの特...
映画

スターウォーズ フォースの覚醒とローグワンどちらが面白いか

少し前にエピソード8(最後のジェダイ)の予告動画が発表された。 子供の時からスターウォーズは好きだったので、ライドセイバーの音を聞くとテンションが上がる。 最近のエピソード7(フォースの覚醒)とローグワンももちろん観たが...
ジブリ

一番好きなジブリ映画「紅の豚」の魅力を解説・考察 ジブリレビュー②

「紅の豚」がジブリの中で一番好きな映画だ。 この映画も子供の時は面白さが分からなかったけど、大人になって良さが分かってきた。 今回は「紅の豚」の魅力を紹介する。 ▼前回の記事▼ 紅の豚の魅力とは ...
恋愛のこと

女性は仕事か結婚か 書評:小倉千加子「結婚の条件」

近年、女性の専業主婦志向が高まっているそうだ。 専業主婦を望む20代女性(内閣府の男女共同参画に関する世論調査) 2002年:33.2% 2007年:40.2% 2012年:43.7% 今い...
マンガ・アニメ

完結するのか気になるマンガ「ベルセルク」の魅力を徹底解説・考察

ダークファンタジーの金字塔ベルセルク。 長期休載を繰り返していて完結は絶望的と言われているが、最近連載が再開されたので読んでいる。 いわゆるエログロな描写が多いので万人にお勧めができないんだけど、その魅力...
ジブリ

年をとって「となりのトトロ」が好きになった話 ジブリレビュー①

数年前から「ジブリの教科書」というジブリ作品の解説書が刊行されていて、映画を観て解説書を読むということをしている。 ジブリの名作「となりのトトロ」。 実は子供のときはしっかり観たことがなく...
マンガ・アニメ

今いちばん熱いマンガ 進撃の巨人

皮膚科医がおすすめするマンガ。 ブームは終わった感もある進撃の巨人だが、自分の中では一番熱いマンガである。 ▼簡単なあらすじ▼ 突如現れた人間を捕食する謎の敵「巨人」に対し、人類は高さ5...
大学院・研究

『研究がうまくいかない』ときに読むと役立つオススメ本4選!【大学院生へ】

自分が大学院生の時は行き詰ったりして色々な本を読んだ。 関連記事>>地方の皮膚科医が大学院で学位を取得するまで 研究にはトラブルが付き物である。 単純に実験がうまくいかないということもあるし、指導教官と...
クリニック開業

孫社長的開業医を目指す 【書評】志高く 孫正義正伝

開業に役立つ(かもしれない)書評。 孫正義の半生をまとめた本人公認の書籍。 次々に巨大買収を仕掛けるソフトバンクの孫正義に「実業家」ではなく「投資家」との批判の声もあるようだが、この本を読むと、この人の規...
恋愛のこと

最近ホリエモンの考えに共感できる【書評】「君がオヤジになる前に」

堀江貴文氏は最近自著を出版しまくって稼いでいるらしい。50冊以上の著書がある。 少し古いが、そんなホリエモン本の中から一冊を紹介する。 堀江貴文氏についての雑感 2004...