>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

【皮膚科手術難易度ランキング】皮膚科における手術の位置づけについて

 

皮膚科の手術は全身を対象にするので多岐にわたる。

どんな手術があって、どんな手術法を習得しなければならないのか分かりにくいが、手術難易度のランキングが論文に掲載されていたので紹介する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手術難易度ランキング

 皮膚外科手術難易度ランキング

H 皮膚腫瘍切除 植皮

G 局所皮弁②(Limberg flap, V-Y flap)

F 局所皮弁①(bi-lobed flap) 男性外陰部手術

E 鼠経リンパ節郭清

D 顔面特殊部位の再建(眼瞼, 口唇, 鼻)

C 腋窩リンパ節郭清 女性外陰部手術 肛門部手術

B 骨盤内リンパ節郭清

A 頸部リンパ節郭清

(臨床皮膚科69(5) 129 2015)

 

自治医科大学の前川先生による論文。こういう到達目標があると分かりやすい。

骨盤内郭清までやる人はうちの大学にはいないので、Cランクが手術班の到達ラインか。

Aランクまで行ったらもはや何科か分からないけど、そんなすごい先生もいる。

 

しかし皮膚科の特殊なところは、逆に手術をまったくしない医師もいること。

外科系でそんな科は皮膚科くらいである。

(皮膚科が内科系か外科系かは議論が分かれるところ)

 

皮膚科における手術の位置づけ

 

皮膚科では臨床よりも基礎研究が重視されているので、臨床で出世することはできない。

世界的に有名な研究をしている皮膚科医はたくさんいるが、手術もしているというケースは稀だろう。

 

大学では手術は主に手術班が担当することが多く、教授がメスを握る大学はほとんどないと思う。

手術を専門にしない限り難しい手術のトレーニングをする機会はなかなかないのだ。

 

自分も簡単な皮弁くらいしかできない低レベルなので、難しい手術は形成外科や大学にお願いする。

でも経営戦略的に手術数を増やさないといけないので、なるべく自分でやらないといけない。

 

▼病院勤務医の経営戦略▼

売上が低くて肩身の狭い皮膚科の経営戦略とは
今勤務している病院は赤字。地方の市中病院は軒並み赤字だと思う。 その中でも特に皮膚科は売上(収益)の少ない科である。 見た目で診断がつくことが多いので、検査が少なく外来の保険点数が低い。 手術点数が低い。さ...

 

市中病院でもまったく手術をしないところから、ハイレベル手術までするところまで大きく分かれるが、最近は市中病院での手術の重要性は増している。

一般皮膚科医の最低到達ラインがどれくらいなのか、全国平均を知りたいところである。

コメント