ハゲに効く夢の薬と男の性欲について【プロペシア、ザガーロの効果・薬価・副作用】

この記事が気に入ったらシェア

「ハゲにつける薬はない」というのを聞いたことがあるが、今の時代は「ハゲに効く飲み薬」がある。

プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)という男性の薄毛(男性型脱毛症)治療薬だ。

最近はネットでも盛んにコマーシャルされている。

プロペシアとザガーロどちらがよいか、効果、薬価、副作用を比較してみる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

プロペシアとザガーロを比較

プロペシアとザガーロの効果

どちらも毛髪の増量効果があるハゲに効く薬だが、ザガーロの方が効果が高い。

毛髪数の変化量(半年)

・プラセボ:-4.9本

・プロペシア:+56.5本

・ザガーロ:+89.6本

J Am Acad Dermatol. 2014 Mar;70(3):489-498 

プロペシアとザガーロの薬価

薬価はザガーロよりプロペシアの方がジェネリックがある分安い。

1か月分の価格(だいたい)

・プロペシア 7000円

・プロペシア(ジェネリック) 5000円

・ザガーロ 10000円

ただし薬をやめたら元に戻ってしまうので、効果の維持のためには飲み続ける必要がある。

経済力に応じてどちらを購入するか決めたらいいと思う。

性欲減退の副作用

副作用として有名なのは性欲減退だが、面白いデータがある。

性欲減退の発生率

・性欲減退の副作用を説明されなかった人⇒7.7%

・性欲減退の副作用を説明された人⇒23.6%

J Sex Med. 2007 Nov;4(6):1708-12.

説明を受けていない人の性欲減退は7.7%だが、説明を受けた人の性欲減退率は3倍に跳ね上がっている。

「性欲減退するかも」と言われただけで、本当に減退してしまう人が多いということ。

これをノセボ効果という(プラセボの逆)。男の性欲は意外とデリケートである。

こういう知識を得られるのが皮膚科医の一番のメリットだと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ