>>>ブログの紹介とオススメ記事はこちら

Twitterフォロワーが3000人に到達したのでまとめなど

 

この度Twitterのフォロワーが3000人に到達した。

>>Twitterはこちら

 

ここまで約2年(1年9ヶ月)。

自分がTwitterを始めた理由は、ブログと連携してアクセス数を伸ばすためと、クリニックを開業したときの「クリニックアカウント作り」の勉強のため。

【関連】Twitter「1000フォロワー」とブログ「2万PV」までの経過を公開する

 

しかし当初はなかなかうまくいかなかった。

今回はTwitterのこれまでのまとめと、最近のSNSの社会的な動きについて書いてみる。

 

▼前回の記事▼

【ブログ200記事達成】人気記事やブログの今後の展望など
ブログ開始から約1年半、200記事を達成。 ブログのテンプレートをSimplicityからCocoonへ変更して装いも新たにした。 記事の内訳は医療系が3割、キャリア3割、趣味3割。 医療系のブログとは言い...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツイートの方針について

 

人気の医師ツイッターアカウントをみてみると、ツイートの内容がいくつかのタイプに分かれている。

 

  1. 医療情報
  2. 医療問題などに対する鋭い意見
  3. おもしろツイート

 

自分は当初②や③を目指したが、まったく反響がなかった。

今も時々②、③のツイートしてみるが、やはり反応はほとんどない。

これには頭の良さや才能が必要のようで、自分には無理そうだと悟った。

③は昔のラジオの「ハガキ職人」的な能力が必要なのだと思う。

 

そこで現在のメインになっているのが①の医療情報のツイート。

はあちゅうの恋愛本を参考にして、ハッシュタグを使った皮膚科の豆知識のツイート「#臨床のメモ」を始めて、そこそこの反応をもらっている。

医療情報は自分の勉強にもなるし、炎上も少ないため無難で運営しやすい。

 

ただ硬くてあまり面白くないのが難点ではある。おもしろツイートでバズりたいという夢はまだ捨てきれていない…。

 

フォロワー数の推移

 

フォロワーは1000人を超えると指数関数的に増えるという話だが、1000人前後のときに一気に伸びた以降はペースは上がっていない。

【関連】Twitter「1000フォロワー」とブログ「2万PV」までの経過を公開する

ツイッター3000フォロワーの図

  • 100フォロワー:5ヶ月
  • 1000フォロワー:1年
  • 2000フォロワー:1年4ヶ月
  • 3000フォロワー:1年9ヶ月

 

ネットの有料記事などを読んでみると、フォロワーを増やすための方法がたくさん紹介されている。まとめると以下のようになるだろうか。

 

  • 1日最低10ツイート
  • プロフィール欄にこだわる
  • 「腹減った」など意味のないツイートはしない
  • 人の多い時間にツイートする
  • 引用RTで有名人に絡む
  • コメントをくれた人に積極的に絡む

 

自分でも少し試してみることにした。

有料記事を基にプロフィール欄を変更して、ツイートする時間はだいたい20時にしてみた。

 

しかし1日1~2ツイートくらいだし、コミュ障なので積極的な絡みもできていない。

当初は有名人のツイートを引用RTしていたが、最近はあまりしていない。

あまり自分とは合っていなさそうではある…。

 

ということでムリにフォロワーを増やす意識はせずに、適度に続けていければよいかなと思っている。

 

Twitter、SNSのこれから

 

あまり実感はしないが、最近SNSがとても重要な存在となってきているようだ。

 

①評価経済

 

この本によるとSNSを主軸とした経済「評価経済」が確立しつつあるという。

 

SNSによって「いいね数」「フォロワー数」「視聴者数」など、その人がどれくらいの人から注目されているかが数値として認識できるようになった。

そしてフォロワー数が多い人はクラウドファンディングなどで資金を集めることも可能になっている。

フォロワー数が経済的な価値を持つということだ。

例えば、貯金ゼロ円だけどツイッターのフォロワー数が100万人以上いる人が、何か事業をやりたいと考えたとします。

すぐにタイムライン上で仲間を募り、クラウドファンディングを通して資金を募り、わからないことがあればフォロワーに知恵を借りられます。

この人は「他者からの注目」という価値を、人脈・金・情報という別の価値に転換することができます。

 

これまでは役に立たなかったマニアックな趣味や特技も、SNSでフォロワーを増やすことで価値を持つ時代になった。

 

②ソーシャルメディアの時代が到来

 

また落合陽一氏によると、これからはマスメディアからソーシャルメディアの時代になるそうだ。

【関連】AIに代替されないための医師の働き方を考える

 

昭和の時代は情報を得る手段はマスメディアしかなく、マスメディアが画一的に情報を流すことで世論を操作し需要を生み出していた。

昭和の時代においては、マスメディアが大衆の画一的な需要を作り出すという戦略は正しかった。

マスメディアが国民全員に同じ方向を見させることによって、「次は自動車が売れる、テレビが売れる、洗濯機が売れる」というふうに消費行動を読みやすくなったのです。

日本再興戦略 (NewsPicks Book)

 

しかし平成になってスマートフォンで人々が常時インターネットにつながるようになり、ソーシャルメディアの時代になった。

マスメディアよりも早くて詳しい情報が常時ソーシャルメディアから得られる(デマも多いが)。

 

令和の時代のメディアは一方通行ではなく、個々の情報発信も重要になってくるそうだ。

マスメディアの時代だったら、全員が同じことをやっていればよかったけれど、これからはそうではない。その人のキャラクター、特殊性みたいなものを発信していこう。

超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト

 

まとめ

 

こう言われるとTwitterでの情報発信は意外と無駄ではないのかもしれない。

最近は学会でTwitterを使うという試みもされているようだ。

将来クリニックを開業したときに「クリニックアカウント」を作るための勉強として始めたTwitterだが、今のアカウント自体も何か役に立つかもしれない。

>>Twitterのフォローはこちらから

 

【関連】SNSとクリニック経営について

 

つづく

クリニックのホームページを自作できるか?
クリニックのホームページは、作成を業者に依頼するのがスタンダードだろう。 しかし今はwebの時代、自分でホームページを作成できるだけの知識も欲しい。 ブログを立ち上げたのはwebの勉強のためである。 【関連】ブログ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました