仕事が嫌になったら読むマンガ「働きマン」

この記事が気に入ったらシェア

結構好きで時々読み返すマンガ「働きマン」(全4巻)。

菅野美穂主演でドラマにもなった。

スポンサーリンク

あらすじ

 週刊『JIDAI』の女性編集者、松方弘子29歳。弘子は編集長・上司・同僚たちと一緒に右往左往しながらも良い雑誌を作るために日夜奮闘する。弘子や彼女に関わる人々を通して「仕事とは」、「働くとは」をテーマに描いた漫画。

登場キャラクター

色々なキャラクターが出てくるが、みんなそれぞれ仕事に対する価値観が違っていて面白い。

成田デスク

39歳独身。要領が良く、大人の余裕がある人。そういう仕事ぶりに憧れるけどなかなかこうはいかない。

働きマン成田デスク

菅原さん

張り込み専門の張り込み屋。

人のスクープを嗅ぎまわるという、嫌がられる仕事にプライドを持つ。

働きマン菅原

千葉君

過去の失敗から仕事に情熱を持たないようにセーブしている。

働きマン千葉

田中

仕事は適度にがモットー。仕事よりプライベートが大事。

働きマン田中

由美ちゃん

男受けは抜群だが、女からは嫌われている。でもこの仕事のスタイルは色々苦労して作り上げたもの。

働きマン由美

このマンガに「仕事で出会う色々な苦労とか悩み」が凝縮されてるような気がするんだよな。

仕事が嫌になったときに、仕事について考えるきっかけになるマンガである。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

ブログ更新情報はこちらから

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ