>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

「お手軽、軟膏ローテーション療法」 外用のモチベーションを上げる方法

 

患者に軟膏を塗ってもらうのは思っているよりも難しい。

▼軟膏とドクターショッピングについて▼

ドクターショッピングを避ける工夫②軟膏編
今回も転院患者の話。 ▼前回の記事▼ 「他の皮膚科に行ったけど治りません」といって転院してくる患者は非常に多い。 その中には、実はきちんと軟膏を塗っていない人というのが一定数いるようである。...

今回はそのための方法の一つとして「軟膏ローテーション」を紹介する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

軟膏の種類が変わると皮膚症状が改善する

 

効果が同じ軟膏であっても、種類の変更だけで皮膚症状が改善するというデータがある。

同じビタミンD3製剤である「ドボネックス軟膏」と「オキサロール軟膏」を交換することの効果を調べた研究。

 

ドボネックス軟膏かオキサロール軟膏をそれぞれ1か月以上使用している乾癬患者で、軟膏の種類を変更した時の皮膚症状の改善率を調べた。

 

・ドボネックス軟膏からオキサロール軟膏へ変更 ⇒ 皮疹改善率24.9%

・オキサロール軟膏からドボネックス軟膏へ変更 ⇒ 皮疹改善率23.7%

 

藤田英樹. 臨牀と研究, 91(2): 299-303, 2014.

 

ドボネックス軟膏とオキサロール軟膏には有効性の差はないが、外用の変更によって有意な皮膚症状の改善がみられている。両群間の有意差もなかったそうだ。

「軟膏が変わることによって外用のモチベーションが上がる」ことが改善の理由だとされている。

「薬が新しくなったんでしっかり塗ってみよう」と思うということ。

普段どれだけ軟膏が塗られていないのかが分かる結果である。

 

 

軟膏ローテーション療法の実際

 

ということで軟膏の種類を変えてみることはデータにも裏付けられた良い治療法である。

「もっと良い薬はないのですか」と聞かれたときに「ありません」と言いがち。

 

でも「じゃあ変えてみましょう」といってマイザー⇒アンテベートなどに変えてみるのは意外と使える方法。

それで「薬を変えてもらってよくなりました」と言われることもよく経験する。

 

「どう違うのですか」と詳しく聞かれると困るけど。

皮膚科の治療はこういう非科学的な部分も重要である。

 

他にも混合軟膏という手段もある。

>>「外用薬混合の可否」を皮膚科医が解説する【メリット・デメリット】

 

▼外用薬についてのまとめはこちら▼

皮膚科医が教える外用療法のコツと落とし穴
皮膚科の独自の治療法として外用療法がある。 軟膏を処方するだけだと思われがちだが、これが意外と難しい。 今回はこれまで書いた外用療法に関する記事をまとめて紹介する。 (随時更新) 1. 外用薬の使用率 ...

 

あわせて読みたい

 

コメント