>>>ブログの紹介とオススメ記事はこちら

ドクターショッピングを避ける工夫③湿疹編

 

「他の皮膚科に行ったけど治りません」といって転院してくる患者は非常に多い。

【関連】皮膚科患者にドクターショッピングが多い理由

 

皮膚科を受診する患者のほとんどは湿疹である。

皮膚疾患の種類の図

【関連】皮膚の病気はいったい何種類あるのか?

 

そのため湿疹が治らないといってドクターショッピング繰り返す患者を経験することは多い。

これを避けるにはどうすればよいかを考えてみる。

 

▼前回の記事▼

ドクターショッピングを避ける工夫②じんま疹編
皮膚科ではドクターショッピングをする患者が多い。 【関連】皮膚科患者にドクターショッピングが多い理由 じんま疹も難治なので、転院してくる患者を多く経験する。 これを避けるためにはきちんと内服しない患者が一定...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

湿疹が治らない理由

 

湿疹が治らないときは4つの理由があるという。

 

湿疹が治らない4つの理由

  1. 診断が間違っている:真菌、酒さ
  2. 何か原因がある:接触皮膚炎
  3. 生活習慣・機械的刺激:過度な手洗い、掻きむしるクセ
  4. 指示通り外用薬を使用していない

 

(皮膚科の臨床59(10)1517, 2017)

 

まずは湿疹ではない(①)ということを考える必要がある。

原因が取り除かれていないので治らない(②、③)ということもあるだろう。

しかし自分の経験上、④のきちんと薬を塗っていないことが原因のケースが一番多い気がする。

 

ドクターショッピングを避ける方法

 

「湿疹が他の皮膚科で治らない」といって受診する患者。

もう一度仕切りなおして、1週間しっかりと外用してもらうだけで治ってしまう。

きちんと薬を塗っていなかったということだ。

 

しかしこれは患者を責められない部分もある。

自分で塗ってみると分かるが、軟膏を塗るのはとても面倒だ。

実際外用薬の使用率はとても低いというデータもある。

重症の手湿疹患者の薬剤使用率(内服外用併用)

・内服⇒96%(3週間後)

・外用⇒64%(3週間後)

(J Am Acad Dermatol. 2006; 54(Suppl) : S235-6.)

【関連】皮膚科患者の薬の使用率は実際どれくらい?

 

例えば教授の外来だと、何も言わずに処方だけしたとしても患者が有難がって外用する可能性が高い。

しかし一般皮膚科医が軟膏を処方した場合、患者が真剣に塗ってくれないことが多いはず。

そして「治らない→別の病院へ行こう」となってしまう。

 

治療効果をきちんと出すためには、軟膏を処方するだけではなくて外用のモチベーションを上げる工夫が大事である。

「処方だけで終わらせない」のがドクターショッピングを避ける手段になるだろう。

 

それでは具体的にどんな指導を行えばよいのかを考えてみたい。

つづく

皮膚科医の外用指導Tips | 知っておきたい8つのコツ
「他の皮膚科に行ったけど治らない」といって受診してくる患者は多い。 その中にはしっかり外用をしていない患者が結構いて、外用指導をするだけで治ってしまう。 【関連】ドクターショッピングを避ける工夫②軟膏編 こ...

 

▼外用薬についてのまとめはこちら▼

>>皮膚科医が教える外用療法のコツと落とし穴

コメント

タイトルとURLをコピーしました