皮膚科は薄利多売である。


皮膚科診療は単価が低いため、開業皮膚科医はたくさんの患者をみる必要がある。


流行っているクリニックにバイトに行くと半日(
3時間)で100人以上の患者を診察しなければならない状況に出くわす。


待ち時間を減らすために、とにかく診療のスピードを上げることが大事になる。そこで診察の方法を工夫する必要がでてくる。


皮膚科の診察法について、西山茂夫先生(北里大学名誉教授)のこういう記載がある。

皮膚科的診察はまず発疹の性質とその分布をみ、触ってその深さ・広がりを調べる。


次のステップは、毛、爪、口腔粘膜の観察であり多くの情報が得られる。


次に全身所見をみ、自覚症状に移る。この段階、つまり診察の最後に病歴をとることになる。


病歴聴取を診察の最後にもってくるのは病歴を軽視するからではない。病歴は何度も繰り返して聞くべきであり、何度聞いても充分ということはないが、その前に発疹をみて考えることが大切である。

(皮膚病診療15(5): 373, 1993)


大学の授業では詳細に患者の話を聞くことが大切だと習う。まずしっかりと話を聞いて、問診→診察→検査という順番が一般的である。


でも皮膚科では「問診→診察」ではなくて「診察→問診」。


西山先生が言いたいのは「何の情報も無い状態で皮疹をみて考えることが大事」、「病歴も大事だから最後にしっかり聞きましょう」とういことである。


しかし、これは診察のスピードを上げるテクニックとしても役に立つ。


問診表をチェックして、話を聞く前に最初に皮膚症状をみる。それで診断をつけた後にお話をする。


最初に話を聞くと症状と関係ない話になる場合があるが、この順番だと会話の方向性をある程度絞ることが可能。


3
時間で100人の診察をする際には、どうしても必要になってくることである。


外来の待ち時間を減らすにはどうしたらよいか②へつづく