外来の待ち時間を減らす方法①「診察順序を変える」

この記事が気に入ったらシェア

皮膚科は薄利多売である。

皮膚科診療は単価が低いため、開業皮膚科医はたくさんの患者をみる必要がある。

流行っているクリニックにバイトに行くと半日(3時間)で100人以上の患者を診察しなければならない状況に出くわす。

待ち時間を減らすために、とにかく診療のスピードを上げることが大事になる。そこで診察の方法を工夫する必要がでてくる。

皮膚科の診察法について、西山茂夫先生(北里大学名誉教授)のこういう記載がある。

皮膚科的診察はまず発疹の性質とその分布をみ、触ってその深さ・広がりを調べる。

次のステップは、毛、爪、口腔粘膜の観察であり多くの情報が得られる。

次に全身所見をみ、自覚症状に移る。この段階、つまり診察の最後に病歴をとることになる。

病歴は何度聞いても充分ということはないが、その前に発疹をみて考えることが大切である。

(皮膚病診療15(5): 373, 1993)

大学の授業では詳細に患者の話を聞くことが大切だと習う。まずしっかりと話を聞いて、問診→診察→検査という順番が一般的である。

でも皮膚科では「問診→診察」ではなくて「診察→問診」。

西山先生が言いたいのは「何の情報も無い状態で皮疹をみて考えることが大事」、「病歴も大事だから最後にしっかり聞きましょう」とういことである。

しかし、これは診察のスピードを上げるテクニックとしても役に立つ。

問診表をチェックして、話を聞く前に最初に皮膚症状をみる。それで診断をつけた後にお話をする。

最初に話を聞くと症状と関係ない話になる場合があるが、この順番だと会話の方向性をある程度絞ることが可能。

3時間で100人の診察をする際には、どうしても必要になってくることである。

つづく

▼もう一つの待ち時間対策▼

外来の待ち時間を減らす方法①「診察順序を変える」
皮膚科は薄利多売である。 皮膚科診療は単価が低いため、開業皮膚科医はたくさんの患者をみる必要がある。 流行っているクリニ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告