>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

皮膚科関連ガイドラインのまとめ&レビュー②

 

最近はガイドラインがたくさんリリースされている。

治療の参考にできる情報が増えるのはよいことだが、多すぎてとてもカバーしきれない。

しかしガイドラインは専門医試験でも出題されるので、把握しておく必要がある。

【関連】皮膚科専門医試験の勉強法・対策

 

そこで皮膚科に関連したガイドライン(皮膚科学会のガイドラインと学会以外のガイドライン)をまとめ、3回に分けて簡単にレビューしてみる。

 

  • 皮膚科学会のガイドライン→(皮)
  • 皮膚科学会以外のガイドライン→(他)

 

ガイドラインレビュー①

  • 1.湿疹・皮膚炎・蕁麻疹
  • 2.感染症
  • 3.創傷・皮膚潰瘍

ガイドラインレビュー②

  • 4.付属器疾患・色素異常
  • 5.水疱症・薬疹
  • 6.乾癬

ガイドラインレビュー③

  • 7.腫瘍
  • 8.膠原病
  • 9.その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク

付属器疾患・色素異常

 

尋常性白斑診療ガイドライン(皮)

 

難治で困る尋常性白斑。

「とりあえずステロイド塗っとけ」という所からもう一歩進むためのガイドライン。

やはり難治であることに変わりはないが、プロトピック、紫外線、手術も含めた治療の全体像が分かりやすい。

尋常性白斑診療ガイドライン

 

尋常性ざ瘡治療ガイドライン(皮)

 

ニキビは最近薬剤が一気に増えて治療法が変わってきた。

保険診療でかなりの範囲をカバーできるようになったが、BPOやアダパレンは使い方が難しいので患者への説明が重要になった。

しかしガイドラインでは取りあげられている薬剤が多すぎるため、かなり複雑になってしまっていて実用性が乏しいような気もする。

抗菌薬の推奨がミノマイシンからビブラマイシンに変わったことに注目。

尋常性ざ瘡ガイドライン

 

円形脱毛症診療ガイドライン(皮)

 

手探り状態で治療していた円形脱毛症も、ガイドラインの登場で診療しやすくなった。

急性期 / 慢性期、軽症 / 重症の4パターンで明確に治療法が提示されていてわかりやすい。

ただ難治例がどうしようもないのは変わらない。難治例に対するJAK阻害薬の保険適応が待たれる。

円形脱毛症診療ガイドライン2017

 

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(皮)

 

要するにリアップかプロペシア(orザガーロ)を使え、というシンプルなガイドライン。

AGAクリニックで行われているメソセラピーについては否定的である。

【ハゲに効く夢の薬と男の性欲について】プロペシア、ザガーロの薬価・効果・副作用
「ハゲにつける薬はない」というのを聞いたことがあるが、今の時代は「ハゲに効く飲み薬」がある。 プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)という男性の薄毛治療薬だ。 男性型脱毛症の治療について日本皮膚...

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017

 

原発性局所多汗症診療ガイドライン(皮)

 

シンプルでわかりやすいガイドライン。

多汗症は自費診療が中心になるのでガイドラインがあるとありがたい。

基本は塩化アルミニウムで、そこから治療が派生する。

原発性局所多汗症ガイドライン2015

 

水疱症・薬疹

 

天疱瘡診療ガイドライン(皮)

 

天疱瘡は皮膚科の治療の中でも大きなウエイトを占める。

内服ステロイド、免疫抑制剤の使い方、副作用のチェックなど知っておくべき知識がたくさんある。

皮膚科医は天疱瘡の治療を熟知しておく必要があるため、必須のガイドライン。

天疱瘡診療ガイドライン

 

類天疱瘡診療ガイドライン(皮)

 

天疱瘡よりも類天疱瘡の方が患者数が多い。そのため日常診療では類天疱瘡の方が重要と言える。

しかしこのガイドラインは天疱瘡ガイドラインの内容と被る部分も多い気がする。

天疱瘡のガイドラインを読んでおけば十分かも。

類天疱瘡診療ガイドライン

 

▼関連記事▼

増えつづける類天疱瘡に気をつけよう【有病率・診断・治療まで】
普段の診療で水疱性類天疱瘡の患者をみることは結構多い。 水疱性類天疱瘡とは 最も頻度の高い自己免疫性水疱症で,近年の高齢化に伴い増加している.年齢的には60歳以上,特に70歳代後半以上の高齢者に多い。 ...

 

重症多形滲出性紅斑 スティーヴンス・ジョンソン症候群・中毒性表皮壊死症診療ガイドライン(皮)

 

重症薬疹のガイドライン。ガイドラインの中ではおそらく一番名前が長い。

薬疹はほとんどが軽症で薬剤の中止で治癒するが、危険な重症薬疹を見分けることが皮膚科医の重要な仕事である。

重症薬疹の管理は皮膚科医の基礎知識として必ず知っておく必要がある。

手薄になりやすい眼病変対応についても記載されている。

重症多形滲出性紅斑 スティーヴンス・ジョンソン症候群・中毒性表皮壊死症診療ガイドライン

 

乾癬

 

意外にも尋常性乾癬の診療ガイドラインは存在しない。その代わりに生物学的製剤と紫外線療法のマニュアルが存在する。

乾癬における生物学的製剤の使用ガイダンス(皮)

 

バイオ製剤のガイドライン。

使用前検査やフォローの仕方などが詳しく書かれている。

出てきた当初はおっかなびっくり使っていたが、だいぶ使い慣れてきた感はある。

ガイドラインに沿わないで使用して副作用が起こった場合は、かなり危ない立場になってしまうかもしれない。

専門医試験にも結構出題されているので読んでおく必要あり。

乾癬における生物学的製剤の使用ガイダンス2018

 

乾癬の光線療法ガイドライン(皮)

 

紫外線なしでは皮膚科診療は成り立たない。紫外線治療のガイドライン。

照射量や照射回数などはこのガイドラインに沿って治療を行う。

作用メカニズムにも触れられており、一度は読んでおきたい。やはりTregの誘導がカギか…。

乾癬だけではなくて他の疾患に紫外線治療をする場合にも役立つ。

乾癬の光線療法ガイドライン(リンクなし)

 

膿疱性乾癬診療ガイドライン(皮)

 

膿疱性乾癬は発熱を伴う全身疾患である。

尋常性乾癬とはまったくの別疾患と思っていた方がいい。

めったに出会わないが、遭遇したときのために全身管理の仕方について学んでおく必要がある。

膿疱性乾癬診療ガイドライン2014年度

 

つづく

ガイドラインレビュー①

  • 1.湿疹・皮膚炎・蕁麻疹
  • 2.感染症
  • 3.創傷・皮膚潰瘍

ガイドラインレビュー②

  • 4.付属器疾患・色素異常
  • 5.水疱症・薬疹
  • 6.乾癬

ガイドラインレビュー③

  • 7.腫瘍
  • 8.膠原病
  • 9.その他

 

コメント