良い紹介と悪い紹介から、紹介状の書き方を考える

この記事が気に入ったらシェア

開業医からの紹介患者を診ることが市中病院の医師の仕事である。

クリニックからたくさんの紹介を受けてきたので、どんな患者が紹介されてくるのかを考えてみると主に3つに分けられる。

  1. 診断がつかない
  2. 診断は分かっているがクリニックでは治療できない
  3. 面倒な患者なので診たくない

それぞれについて詳しくみていく。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

 1・診断がつかない

クリニックでできる検査は簡単な血液検査くらいだから、確定診断のために皮膚生検が必要な疾患などは紹介せざるをえない。

こういう場合は早めに紹介するのが患者のためにもよいと思うし、トラブルになるケースは少ない。

2・診断は分かっているがクリニックでは治療ができない

重症の帯状疱疹、薬疹、手術が必要な熱傷など。

このパターンで困るのは、開業医が勝手に治療方針を決めて紹介してくる場合である。

「入院が必要」と説明されて、入院準備万端で受診してくる患者がいる。

実際は入院の必要性がない場合も多くて、患者や家族と揉める原因になる。

前に皮膚腫瘍を「生検せずに全切除して、病理結果が悪性であったら追加手術」という方針を決めた上で紹介されてきた患者がいた。

悪性か良性かを生検で判断した上で手術法を決めるのがセオリーだと説明するが、納得されない。生検の必要性を納得してもらうのに非常に苦労した。

こういうのは悪い紹介なので慎んでほしいし、自分も気を付けようと思う。

患者には「紹介先の医師が治療方針を決める」と説明して紹介して欲しい。

3・面倒な患者なので診たくない

こういう紹介が一番多くて困っているが、実はこれが開業医の力の見せ所ではないかと思っている。

トラブルになりそうな患者をいち早く見抜き病院に押し付けてしまうのは、経営術としては賢い。

患者との関係がこじれてしまってから紹介すると明らかに厄介払いした感が出てしまうし、クリニックの評判は落ちる。

少しでもリスクがあると病院に紹介するというのが最近の傾向です。

病院勤務医のもとには、医師の説明不足で不満のある患者さんや「診断が間違っているのでは」、「治らない」といった患者さんが流れてきます。

外来で時間を使って説明しても収益にならず、トラブルの後始末ばかりさせてられているという不満もあります。

その一方、合併症もトラブルもない患者さんだけを診ている開業皮膚科医の先生が収益を上げるという構造になっています。

(皮膚病診療: 30(3); 331, 2008)

時々このパターンの紹介がとてもうまい先生がいる。

紹介状には「どうしてもなおせなくてこまっています。どうかおねがいします。」みたいに書いてあって、馬鹿のふりをしているが多分確信犯である。

押し付けられて腹が立つ一方、その患者を見抜く目に感心もする。

開業するならば大事になってくるのは「患者を紹介する能力」だと思うので、そんな紹介患者を診るのも勉強だと思って診療している。

病院にとっては悪い紹介だが、クリニックを守るためには良い紹介になるはずである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ