【インパクトファクターの目安】インパクトファクターを野球に例えて説明する

この記事が気に入ったらシェア

インパクトファクターとは学術雑誌のレベルを測る指標である。

インパクトファクター(impact factor:IF)とは

ある学術雑誌に掲載された論文が、他の論文に平均でどの程度引用されたかを表す指数

Googleがホームページをランキングするためのアルゴリズムも、同じ考え方に基づいているそうだ。

  • Google⇒多くリンクされているサイトが良いサイト
  • impact factor⇒多く引用されている論文が良い論文
Google検索とインパクトファクターの意外な関係【書評】「グーグル ネット覇者の真実」
グーグル創業から現在までの歴史を取材した本を読んだ。 約600ページの分厚い本で、内容も非常に...

「インパクトファクター5以上で一流雑誌」とか「2以下の論文は読むに値しない」とか言われたりするが、数値の高い、低いの目安というのはイマイチ分かりにくい。

そこで今回、impact factorを野球に例えたサイトが面白かったので紹介する。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

野球からみるインパクトファクターの目安

学術論文のランクを野球に例えると(一部改変)

IF 0-1 ⇒出場機会なし

IF 1-2 ⇒凡打

IF 2-3 ⇒エラーで出塁

IF 3-4 ⇒ 四球

IF 4-6 ⇒安打

IF 6-10 ⇒二塁打

IF 10以上 ⇒三塁打

Cell/Nature/Scienceの姉妹誌 ⇒ホームラン

Cell/Nature/Science ⇒満塁ホームラン

「IF2以下は価値無し」というのをよく表している。

でも三流大学出身者としては、IFが4でやっとヒットというのは手厳しい意見。

代表的な皮膚科雑誌で考えると

  • 凡打→Journal of Dermatology
  • 四球→Journal of Dermatological Science
  • 安打→British Journal of Dermatology、JAMA Dermatology、Journal of the American Academy of Dermatology
  • 二塁打→Journal of Investigative Dermatology

皮膚科最高峰のJIDで二塁打レベルである。まあ左中間真っ二つのツーベースだと思うけど。

「研究をやるからには安打を狙いなさい」ということだと思うが、自分の三流大学では

  • 出塁しただけ(IF:2以上)でも御の字
  • 安打が出れば(IF:4以上)パーティー
  • 二塁打(IF:6以上)は概ねEditor段階でreject

であった。

Editor Rejectとは

科学論文は通常、投稿後にまず編集者(Editor)の手元に届いた後、御眼鏡に適えば査読者に回される。

もし編集者が、査読にかける必要すらないと判断した場合、Editor Rejectとなり改善コメントはほぼ何もなく原稿が戻ってくる。

 

ちなみに自分の学位論文(地方の皮膚科医が大学院で学位を取得するまで)は四球…。

苦労したので「10球以上粘って勝ち取った四球」と思いたい。

一流研究者には怒られると思うけど、一般人はまず「とりあえず打席に立つこと(IF:1以上)」、「あわよくば出塁すること(IF:2以上)」が目標かな。

医学博士のメリットについて考えた記事にも書いたように、学位は「足の裏の米粒」なんて言われたりもするけど、研究はしてみるべきだと思う。

【博士号のメリット・デメリット】今の時代の医師に博士号は必要か?
医者の研究離れが進んでいるという話はよく聞く。 地方の皮膚科医@hihukai1 研究離れは新専門医制度でどうなる? ...

凡打(IF:1-2)で大喜びしているようではダメだろうけど(自分です…)。

▼インパクトファクターとGoogleの意外な関係▼

Google検索とインパクトファクターの意外な関係【書評】「グーグル ネット覇者の真実」
グーグル創業から現在までの歴史を取材した本を読んだ。 約600ページの分厚い本で、内容も非常に...

▼実験がうまくいかないときにおすすめの本3選▼

【実験がうまくいかない時に読んでください】大学院生におすすめの本3選
大学院の時は行き詰ったりして色々な本を読んだが、その中で役に立ったおすすめの本3冊+1を紹介する。 ▼関連記事▼ 1. 研究...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ