マイナー科指導医のための研修医教育論

この記事が気に入ったらシェア

以前皮膚科で研修した研修医が、4月から他科の常勤医師として赴任してきた。

こういうことがあるから研修医は侮れない。

今回はマイナー科指導医が考える研修医の教育について書いてみる。

スポンサーリンク

研修医の教育法

研修医の教育法についてはコーチングやら色々言われているが、そういうところは本質ではない気がする。

マイナー科の場合はせいぜい1か月程度の研修だから、コーチングの手法を取り入れて一人前に育て上げる必要はないからだ。

しかし研修医を甘く見てはいけない。

研修医は色々な部署を移動するので、院内でも屈指の情報網を持っている重要人物である。

そのため研修医の評判を上げれば、口コミで院内での皮膚科の評判も上がる可能性がある。

皮膚科は売上の低い零細診療科のため院内でのアピールが大切。

関連記事>>売上が低くて肩身の狭い皮膚科の経営戦略とは

そこで研修医を逆に利用することができれば、しめたものである。

研修医指導の注意点

さらに今回のように将来の同僚になるかもしれないので、とにかく悪印象を与えないことも大事だろう。

自分が研修医の時も、研修医に厳しい(態度の悪い)指導医というのがいて、今でも覚えている。

もし今同じ職場に来たら、優しくは接さないと思う。

院内屈指の情報網が逆に作用する可能性もある。研修医に評判が悪ければ、院内全体での評判も下がってしまう。

ということで、「楽で勉強になる皮膚科」をコンセプトにしている。

外来では患者ごとに皮疹の診かたとか注意点とか色々説明するようにしているし、生検や手術の執刀なんかも積極的にやってもらっている。

特に「手技をやらせてもらえた」というのは、自分の経験上好印象につながりやすい。

だけど過剰な指導はせず、土日は休み。

外来での指導は、患者1人に1分としても、30分は外来が余計にかかるから結構大変であるが、院内での皮膚科の地位向上のためにも大事なことだと思う。

その甲斐あってか皮膚科の研修はQOLが高いと評判である。

勉強になるとはあまり言われないのが悲しいところであるが。

つづく

研修医には権威を示そう【医学書評】コンサルテーション・スキル
 前回の続き 基本的に皮膚科は、他科からバカにされているので肩身が狭い。 関連記事>&...
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

ブログ更新情報はこちらから

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ