診療所で診る皮膚疾患【皮膚科医のオススメ教科書⑧】

この記事が気に入ったらシェア

皮膚科の治療の教科書として一番初心者向けでわかりやすいのが中村健一先生の「診療所で診る皮膚疾患」である。

本書では百科全書的な編集方針は放棄し、よくある疾患の知識に集中した記載となっています。皮膚科専門医がありきたりな疾患の診療中にイメージしている内容を文書化したものと考えてください。

以前紹介した「皮膚のトラブル解決法」と同じ先生の本。

皮膚のトラブル解決法【皮膚科医のオススメ教科書②】
一般的な皮膚科の教科書は原発疹、続発疹の解説からはじまって、疾患の疫学、病因、病態生理などが詳細に書かれている。 ▼原...

無機質な記載の羅列ではなく、叙述的に書かれている点がポイント。

他に治療の本としては「今日の皮膚疾患治療指針」や「皮膚疾患最新の治療」などがあるが辞書的な本なので通読はできない。

その点、この本はボリュームはあるが、通読可能な量で一般的な70疾患が網羅されている。

特に患者の多い湿疹に多くのページが割かれている。

皮膚疾患の種類の図

皮膚の病気は何種類あるのか

70疾患のうち23疾患が湿疹・搔痒症のカテゴリである。「アトピー性皮膚炎かもしれない湿疹」や「あせもかもしれない痒み」など、よく出くわす症状に対する対応が載っていて面白い。

「ウイルス感染症か薬疹か判別できない状態」なんていう項目もある。

写真がきれいで文章もわかりやすい。

一通り読めば、一般外来は問題なくこなせるようになるだろう。

初心者にも、基礎を復習したい専門医にもおすすめ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告