開業の適齢について考えてみた

この記事が気に入ったらシェア

皮膚科医のキャリアデザインを考える(男性編)の記事の続き。

医師のためのキャリアデザイン講座(男性編)【経済的独立を考える】
どういうキャリアを形成するかを考える場合、「臨床か研究」とか「勤務医か開業医か」という2択になる場合が多い。 しかし現役時代に...

前回の内容からは、クリニック開業の適齢は40歳前後と考えられる。

クリニック運営に必要なマネジメント能力の面からもそのあたりがよいそうである。

では他の業界ではどうだろうか。独立に適した年齢についていくつかの本から抜粋してみた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

独立に最適な年齢は?

幻冬舎の見城徹社長

「夢を叶える夢を見た」は独立した人たちへのインタビュー集。

幻冬舎の見城徹社長はこの本の中で、独立するなら30後半から45歳までがよいと語っている。

「人間にとって30代ほど大切な10年はないって思いますよ。30代をどう過ごすかで、その人の人生は決まってくる。」

「30代前半だとあまりにも経験がないんですよ。自分の才能を知るっていう機会もあまりないだろうし。それから色んな苦労をしたり、負の感情を知るということもそんなに多くないだろうし。」

「だから30代の後半が一番いいかなと。で、リミットは45かな。」

それまでの経験が生きてくるのが40歳からで、独立するのはその頃がよいという。

見城社長が独立した年齢は42歳だそうだ。

フリーキャスター立花裕人氏

フリーキャスターの立花裕人氏の話。

4年間キャスターを務めた番組が終了した時、当時報道のエースと言われていた人に呼ばれ言われた。

「キャスターをやるんだったら、男は正直いって40からだ。君はまだ30代だから、キャスターとして信頼を得るには若い。まず、みっちりラジオをやれよ。」

やはり「男は40から」。

一流料理人

一流料理人20人へのインタビュー集より。

その道の一流からは、時代や業種を超えて学ぶべきものがある。

とあるが、確かにその通りだと思う。料理人は医者とも通じる部分があって勉強になる。

クリニック開業にも、料理人の独立のエピソードが役立つのではないか。職人としての側面と経営者としての側面の両方を磨かなければならない。

そして料理人も仕事に差がつくのは40代からだという。

20代は技術を学ぶ時期だが、30代は学んだものをどう組み合わせて自分のものにしていくか。

そこでいかに自分を鍛えていくかで40代に差がつく。

麻布かどわき 門脇俊哉

ミシェランで7年連続星を獲得する日本料理職人・門脇俊哉氏が独立したのは40歳の時。

まとめ「男は40から」

仕事は40歳からが本番という声が多い。まあその分30代に頑張らないといけないということではあるが。

そしてピークの時期に独立するのがよいというのが定説のようだ。

みんなそれだけの覚悟を持って独立する。

医師の開業はどちらかというと「ドロップアウト後のキャリア」のような印象があり、「ピークの時に開業するのはもったいない」と思われている。

しかしこれからはそうはいかないだろう。クリニック開業は厳しくなる。

開業にピークを持っていくという考え方をしないと成功は難しいんじゃないかと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ