皮膚科医が「外用薬混合の可否」について解説する【メリット・デメリット】

この記事が気に入ったらシェア

皮膚科医の85%が軟膏を混合して処方しているという。

でも外用薬を混合することに対しては、配合変化や細菌汚染などの問題から否定的な意見も多い。

皮膚科のお医者さんは、なんで塗り薬を混ぜたがるのだろう?

オリジナルのレシピによる他の皮膚科との差別化を図り、患者を取り込む作戦なのであろうか。

重ね塗りして皮膚上で混ぜたほうが、薬の劣化、変質、ムラは少ないと思われるのだが。

くすりの勉強 -薬剤師のブログ-

おっしゃる通りであるが、皮膚科医なりの事情もある。

今回外用薬の混合の可否について皮膚科医の観点から考えてみる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

混合を行う理由

皮膚科医へのアンケートによると混合を行う理由は主に4種類とのこと。

ステロイド外用薬の混合を行う理由

①コンプライアンスの向上 31.5%

②副作用の軽減 25.4%

③相乗効果 18.0%

④ほかの施設にない独自の処方 15.6%

(皮膚病診療24(4) 363-368, 2002.)

個人的には①と④が主な理由である。

なかなか外用薬を塗ってくれない人が多い(皮膚科患者の薬の使用率は実際どれくらい?)ので、混合は薬の使用率(アドヒアランス)を上げるための作戦として大事だと思う。

>>関連記事:ドクターショッピングを避ける工夫 軟膏編

1種類でも塗らないのに、2種類重ねてなんて塗ってくれるわけがない。

ただ注意点があって、混合には②の副作用の軽減効果はない。ここはよく理解しておかなければならない。

外用薬を希釈しても効果は変わらない

軟膏の中の薬効成分は飽和状態なので希釈しても濃度は変わらない。

ステロイド軟膏(アンテベート)を1/4、1/16に希釈しても血管収縮反応において変化はなく、1/64の希釈で急激に低下してくることがわかっている。

(皮膚病診療 24(4) 363-368, 2002.)

飽和水溶液に水を加えても濃度が変わらないのと理屈は一緒。

つまり希釈しても臨床効果は影響されないと考えられる。

「副作用がないように薄めたステロイド」というのはウソで、ワセリンで希釈したことによってステロイドを弱く安全にしているつもりになるのは、大きな誤解である。

混合の原則

混合するにあたって、最低限のルールは理解しておく必要がある。

どのような薬が混合で使われているのか。

混合で使われる薬ランキング

①ワセリン 24.3%

②ヒルドイド 19.1%

③尿素製剤 18.9%

④亜鉛華軟膏 14.4%

(皮膚病診療24(4) 363-368, 2002.)

ステロイド外用薬との混合で使われるのはワセリンが一番多く、その次に保湿剤(ヒルドイド、尿素)、次が亜鉛華である。

前述の理由でワセリンによる希釈は意味がない。

またヒルドイドや尿素などの保湿剤との混合も、問題になる場合がある。

クリームは混合しないほうがよい(W/O型以外)

クリームの混合時には、乳化破壊による効果減弱や空気の混入、水の分離による細菌汚染などの問題が出てくる(大谷道輝 医療薬学29(1) 1-10, 2003.)。

そのためクリームは混合しないほうがよく、基本的に混合は「軟膏×軟膏」に限られる。

しかしクリームのなかには、一部W/O型という軟膏に近い性質をもつものがある(普通のクリームはO/W型)。軟膏に近いW/O型であれば混合が可能である。

O/W型 ほとんどのステロイドクリーム、ケラチナミン、ウレパール

W/O型 ヒルドイドソフト、パスタロンソフト

尿素製剤は結構使われているが、混合してはいけない組み合わせが多い。

尿素の中でも、ケラチナミン、ウレパールはO/W型なので実は混合不可。パスタロンソフトはW/O型なので可。

尿素以外に保湿で多用されるヒルドイドソフトもW/O型で混合可である。

液滴分散型の軟膏は混合できない

液滴分散型という特殊製法の軟膏は混合できない。

混合すると均一な液滴が破壊されて製剤特性が失われてしまうため、効果が低下することが予想されている。

液滴分散型軟膏

アルメタ、フルメタ、プロトピック、オキサロール

最近はビタミンDとステロイドの合剤がでたので少なくなったが、その前はオキサロールの混合軟膏はよくみかけていた。

まとめ

皮膚科医は混合における配合変化などは知らないことが多いので、結構無茶な混合薬を処方している。

特にベテランドクターのクリニックにバイトに行くと、軟膏、クリームの1:3:2混合とか、すごい処方をみかける。

ある程度ルールは守って処方する必要があると思う。

でも「混合じゃないと効かない」という患者も結構いるのは確かである。

そういう人はオリジナルの混合薬をもらうために来ているわけだから、チューブの軟膏を出されるなら違うクリニックに行ってしまうだろう。

混合も一概に否定はできないところがあると思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ