>>>プロフィールとおすすめ記事はこちら

研修医になる前に読むべき本【書評】「見送ル」里見清一

 

国試に受かった人達はあと数日で研修医生活が始まる。

前に読んだ医療小説「見送ル」が面白くて、これから研修医になる人に役立ちそうだったので感想を書く。

作者の里見清一先生は、名作ドラマ「白い巨塔」の監修をされた方。

「見送ル」は里見先生の自伝的小説である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「見送ル」の感想

 

冒頭は担当の肺癌患者が亡くなる直前のシーンから始まる。

「ご本人が辛く苦しいことがないように、というのが治療の目標になります。」

「分かりました。苦しまないようにしてください。」

オーケー。この台詞を引き出せればさしあたりはほっとする。

少なくとも今の私には、家族に「いい医者だ」と思わせる技術はあるだろう。

 

結構露骨な表現が多いので、一般の人は不快感に思うかもしれないが、医療従事者としては非常に腑に落ちる内容である。

里見先生は呼吸器内科の肺癌専門医で、色々な治療のエピソードが綴られている。

読んでいて自分の研修医時代のことを思い出した。

 

研修医のときの思い出

 

研修医生活が始まった十数年前の4月。意気揚々と向かったのは呼吸器内科の病棟だった。

入院患者はほとんどが肺癌。

肺癌は早期の場合は手術となるため呼吸器外科が治療する。一方手術適応のない進行期の患者は呼吸器内科で抗癌剤治療を行う。

つまり呼吸器内科が診るのは主に進行した肺癌ということになる。

 

当時は今のような分子標的薬もあまりなかったため、進行した肺癌に抗癌剤が著効するケースは稀だった。

さらに制吐剤の「5-HT3受容体拮抗薬」、「NK1受容体拮抗薬」はまだなく、プリンペランのみ。

ひどい副作用と戦いながら行った抗癌剤治療も効果が乏しい場合が多く、やるせない気分になった。

 

自分がそれまでイメージしていた医療と、実際の現場はかなり異なっていた。

医者の仕事は「病気を治すこと」だと思って勉強してきたが、治らない患者も大多数いるということを実感した。

 

リアルな臨床現場

 

この本に出てくるのは考え抜いた治療が裏目にでたり、逆に患者に流されて行った治療がうまくいったりというエピソードで、臨床の現場のリアルが綴られている。

「難しい治療がうまくいき劇的に治った」というような達成感のある話はない。

また治療が効いたとしても、常に悪くなることを意識しておかなければならないというジレンマを抱えながら診療が行われている。

変に治ったつもりになってしまうとまた悪くなったときに余計きつい。

必ずまた悪くなるのは見えてるんだから。

 

里見先生は、治療よりも「亡くなる患者の家族をいかにして納得させて、満足して最期を迎えられるようにするか」ということに心を砕いていて、これが医療現場の現実だと思う。

 

学生時代にこの本を読んでいたら、理想と現実のギャップに苦しむこともなかったような気がする。

 

今後高齢化に伴って治せない患者はますます増えていく。

それに伴い医療の目的は「治す」から「死なせる」ことに変わっていくという。

つづく

治す医療が死なせる医療へ変わる !?【書評】「医者とはどういう職業か」
高齢化の進む地方で救急当直をやっていると、施設入所中の寝たきり高齢者が「熱が出た」といって救急車でやって来ることが多々ある。 肺炎だったり尿路感染症だったりで、診断がついたら各科の先生方が引き取ってくださるので助かっている。 ...

コメント