「スターウォーズ 最後のジェダイ」は本当に駄作だったのかを振り返る

この記事が気に入ったらシェア

スターウォーズエピソード8(最後のジェダイ)が公開されて2週間。

巷の評価は芳しくないようだ。

映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」では、批評家からは好意的なレビューが93%となっている一方で、一般ユーザーで5点中3.5点以上の点数を付けたのは54%にとどまっている。

なぜ『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は波紋を呼んでいるのか

本当に最後のジェダイは駄作だったのかを振り返ってみる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

最後のジェダイの感想・レビュー

個人的な感想としては、期待通りではなかったと言わざるを得ない。

前作では情けなさが目立ったカイロ・レン。

しかし今作では「成長し圧倒的な敵として立ちふさがる」という展開を期待していたが、結局今回も情けないままだった。

さらに前作で張られた色々な伏線はほとんど回収されない、というか放棄されて、次回作への引きもない。

最高指導者スノークのあの扱われ方はどうなんだろうか。

でもスターウォーズが酷評されるのは毎度のことである。

スターウォーズと批判の歴史

スターウォーズは新作が出るたびに批判されるというのが恒例になっている。

ジョージ・ルーカスもファンからの厳しい声には頭を悩ませていたそうだ。

映画を作れば批判ばかりされるし、わたしが決める前に、周囲の人たちがどうすべきなのか決めようとする。何かを試してみることもできない。何もできないんだ。

『スター・ウォーズ』の監督をやめたのは批判ばかりされるから

スターウォーズの制作者自身が作ったものなのに、周りから「これはスターウォーズではない」と言われてしまう。

熱狂的なファンが多いので、ファンそれぞれが譲れないスターウォーズ像を持っているからである。

そのため今回も批判されるのはお約束であると言える。

フォースの覚醒と比較した最後のジェダイ

フォースの覚醒は「スターウォーズらしさにこだわり過ぎ」と言われ、最後のジェダイは「スターウォーズらしくない」と言われている。

「ファンを喜ばせるための懐古趣味なSF作品」と言われた前作から離脱して、「ファンが喜ぶ要素を排除した新しいモノ」を作ろうとする気概は感じた。

  • ジェダイとシスという括りにこだわるのはやめよう
  • フォースは特別な人のものではなく誰にでもあるもの

というのが伝えたいメッセージなのかと思う。

スターウォーズの根本にある「ジェダイvsシス」という対立構造を壊してしまおうという試みである。

個人的にはこういう試みには不満があったが、監督が設定した観客層にマッチしなかったということだろう。

スターウォーズをあまり知らない新規の人にマッチする作品なのかもしれない。

エピソード9がどういう方向へ進むのか、巻き返しに期待。

▼前作フォースの覚醒の批評はこちら▼

スターウォーズ フォースの覚醒とローグワンどちらが面白いか
少し前にエピソード8(最後のジェダイ)の予告動画が発表された。 子供の時からスターウォーズは好きだったので、ライドセイバーの音...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ