勝ち組になるための「隠れたルール」【書評】「芸術起業論」村上隆

5800万円の値段がついた美少女フィギュアがある。

村上隆フィギュア

芸術家、村上隆の作品(Miss Ko2)である。

村上隆

日本の現代美術家。日本のアニメなどのサブカルチャーをベースに敷いたポップな作品が海外で高く評価されている。

「なんでこんなに高い値段がつくのか」と疑問に思うが、彼の本を読むと緻密な計算と戦略の成果だということが分かる。

芸術起業論

なぜ、これまで日本人アーティストは海外で通用しなかったのでしょうか。

単純です。欧米の芸術の世界のルールをふまえていなかったからです。

学校の美術の授業では「自分の好きなように描きなさい」と言われるが、作品は順位づけされる。

実は隠されたルールがあって、それに沿って作品を作った人が評価される仕組みになっているということだ。

これはプロの芸術の世界でも当てはまることらしい。

日本の美術の授業は、ただ「自由に作りなさい」と教えますが、この方針にしても、欧米の現代美術の世界で勝ち抜くためには害になりかねません。

実は現代美術の世界では、絵のうまさや美しさはあまり求められていないそうだ。

現代美術で求められるのは、絵の才能などではなく「戦略」です。

欧米では芸術に「色がきれい」的な感動は求められていません。知的な「しかけ」や「ゲーム」を楽しむというのが、芸術に対する基本的な姿勢なのです。

つまり作品のデキよりも作品の「意味づけ」や「ストーリー」による付加価値の方が大事だということ。

戦略で売れる作品を生み出すことが可能だという主張である。

ビジネスで言えばマーケティング。

オタク文化をモチーフにした一連の作品は「敗戦や戦後の消費文化によってできた現代日本人の精神の空虚さ」という意味づけをしたそうだ。

作戦通りに、その付加価値が認められ海外で高評価を得た。

村上隆は絵がうまくなかったため、徹底的に研究して作品を作る方法論を作り出したらしい。

ぼくは絵がうまくないため、欧米における芸術のルール、評価されるためのアートの構造を徹底的に分析しました。

絵が下手であるなら、下手なりにどうすれば勝負できるかと考え、研究や分析を重ねていくことです。それによってハンディは埋められます。

世の中にある見えないルールを見つけるのが、勝ち組になる近道である。

才能はあまり関係がない。

これは医者の世界でも当てはまる法則だと思う。

ただ医療技術を追求すれば成功できるわけではない。

▼医師の世界の隠れたルール、第3のキャリア▼

皮膚科で経済的自由は可能か?
こういう本が流行っているらしい。 医師の経済的自由-豊かな人生と理想の医療を両立できる第3...

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ