ドラゴンクエスト11PS4)をクリアした。クリア時間は95時間。


ドラクエは
PS2のドラクエ8までしかやっていなくて、910は買っていない。


しかし久々に据え置き機で出るということでやってみた。


PS4
なのでグラフィックがすごくキレイだ。

ドラクエのグラフィックがこんなにキレイになるとはドラクエ7のときには夢にも思わなかった。


恐怖のムービー(ドラクエ
7)とは

世間の美麗なプリレンダムービー乱発の波に耐え切れなかったのか、DQ7でついに3Dのムービーが導入された。


しかし
FF7以下(DQ7の発売はFF9の後)と言われても仕方の無い出来であり、ムービー導入ということでわくわくしていたプレイヤーをどん底に叩き落とし、トラウマを刻み付けたのだった。


(ドラゴンクエスト大辞典)


やっぱドラクエは面白い。


ちなみにブログタイトル「日常と趣味とキャリア」は、ドラクエ
8の「空と海と大地と呪われし姫君」に若干インスパイアされている。


自分のゲームの原点はファミコンのドラクエ
3なんだけど、これは今やっても十分楽しめる(ファミコンを見たこともないような若い人が楽しめるのかは分からないが)。


モンスターと戦って、次の町へ進んで、新しい武器を買うというのが
RPGの楽しみ。


ドラクエ
11も原点の面白さをはずしていない。


こういう正統派
RPGは意外とないので貴重な存在である。


音楽は過去のシリーズのものも使われていて、オヤジプレイヤーに媚びすぎだろと思ったけど、ホムラの里とかでは策略通りテンションが上がってしまう。


ストーリーは普通かと思いきや、「最後の砦」以降の展開には驚いた。


さらにクリア後の世界は難易度が高くてやりごたえがある。


ただ年のせいか、グラフィックがキレイすぎて目が疲れるのが問題ではある。

 

次回は歴代ドラクエシリーズをランキングする。

【最高傑作はどれか】歴代ドラクエシリーズランキング&レビューにつづく