アトピー性皮膚炎や乾燥性の湿疹ではステロイド軟膏と保湿剤の併用が望ましいとされている。


その時に問題になるのが「保湿剤とステロイドどちらを先に塗るのか」ということ。

現在3つの考え方がある。

  1. 保湿剤→ステロイド
  2. ステロイド→保湿剤
  3. どちらでもよい

保湿剤→ステロイド


ステロイド外用剤と保湿剤の併用では塗る面積の広い保湿剤から先に塗り、後からステロイド外用剤を湿疹等の病気の部分だけに塗ります。


先にステロイド外用剤を病気の部分だけに塗ってから、保湿剤を塗るとステロイド外用剤が塗る必要のない部分まで広がることで、副作用が起きる可能性があります。


(日本皮膚科学会
HP:「軟膏やクリームが複数処方されている場合の塗る順番は?」)


後で保湿剤を塗ったら、最初に塗ったステロイドが周りに広がってしまうのでよくないという考え。



ステロイド→保湿剤


保湿剤で皮膚を覆ってから当該外用薬を使用しても、経皮吸収が落ち治療効果が落ちるというのが世界の常識です。

実際米国皮膚科学会のホームページでも、保湿剤を使用してもよいが治療薬を直接皮膚に使用してからであると記載しています。


(日本皮膚科学会雑誌
, 124(3): 339, 2014 


先に保湿剤を塗ったら、後で塗るステロイドがあまり吸収されないのでよくないという考え。



どちらでもよい


ステロイド軟膏と保湿剤の併用におけるステロイド皮膚移行性を検討した結果では、ステロイドを先に塗った方がステロイドの移行性は優れていた。

しかしその差はわずかであり臨床的効果に差を認めることはないと考えられた。


(西日本皮膚科,
73: 248-252, 2011.)


どちらを先に塗っても薬の吸収性は変わらないというデータ。



地方の皮膚科医の見解


どちらでもよいという論文もあるので塗りやすい方で良いと思う。


自分は保湿剤→ステロイドで塗るように指導している。保湿剤が先のほうが塗りやすいかなと。

周りに広がってしまうステロイドの量も微量だからほとんど影響しないだろう。


しかしステロイド→保湿剤派は、どちらでもよいという論文に対しても激しく反論している。


自分も世界の常識から外れていると非難されるのかもしれないが、そこまで熱くなるほどのことでもないような気がする。

自分のこだわりが無意味なものじゃないか、常に意識しておかないといけない。