【学生、研修医へ】独身医師が女医の恋愛事情を語る

前に「卒業のときに医学生の彼氏と別れました」と言っていた女性の研修医がいた。

理由は「彼氏が優柔不断だったから」と。

それを聞いて、これは予後不良なんじゃないかと感じた。

今回は独身男子の自分のことを棚にあげて、女性医師の恋愛事情について考えてみる。

 

医大生時代

医学生時代はクラスの女子率は2~3割程度。

男>女なので、女子学生が彼氏を見つけることは難しくないようだった。

医学生時代

同学年だけではなく部活やサークルの先輩からアプローチされる女子も多く、大学も6年制なので恋愛対象となる男には事欠かない売り手市場である。

成績がよくて男にもモテる女子からは万能感を感じさせられる。

実際よっぽどでなければ相手に困ることはないようだった。

研修医時代

しかし就職すると状況は大きく変化する。病院は女性職員が圧倒的に多いからだ。

看護師のほとんどは女性で、薬剤師、検査技師なども女性の割合が高い。つまり女>>男という状況になる。

研修医時代

女医は学生時代、男性多数社会というぬるま湯につかっていたので、恋愛スキルが低い場合が多く、恋愛エリートの肉食系女子たちに男を持って行かれることが増えるという。

でも研修医時代にはまだ可能性がある。研修医には指導医(オーベン)が付くが、先輩からすると、年下で頼りない研修医は可愛く見える。

甘え上手な研修医はオーベンからの人気が高い。

女性からしても社会に出て1年目、2年目は仕事のできる先輩がとても頼もしく見え、そこでくっつくパターンは多い。

入局後

研修医時代を逃すと状況はさらに厳しくなる。

入局後

甘え上手でモテていた女医も自立を迫られる。

責任をもって指導する立場になり、仕事のスキルが上がるのと反比例してモテなくなっていくようだ。

そのころには恋愛対象なる独身男性医師はほとんどいなくなっていて、不倫に走る女性も多く見かける。

そうなると泥沼である。

恋愛アドバイザー(?)の川崎貴子氏は不倫は絶対にやめたほうがよいと言っている。

 

既婚男性の話は面白いし魅力的です。

しかし不倫にはまって婚期を逃した、あるいはその後の恋愛がうまくいかなくなった女性たちを何人も見てきました。

「一度くらい経験したっていいのでは」と油断し、はまっていくのが不倫と麻薬です。

知らず知らずのうちに経験値だけが上がってしまい、同年代男性とのデートが前より色あせて見えます。

無駄な経験値はいらない、と。

女性医師の恋愛問題に対策はあるのか

ではどうしたらよいのか。

「早めの結婚を望んでいた私は、4年生ぐらいから意識的に婚活を始めました」という女性がネットで紹介されていたが、こういうことが大事なんだと思う。

医大生時代に第一子を出産。家族を得てからキャリアを積むという生き方

女医は大学卒業後に出会いの機会が激減すること、結婚後も子どもの産み時に悩む先輩が多いこと。

整形外科のクリニックを開業する父親から、「研修医のうちに出会いがなければ、その先はない。結婚相手は学生時代に見つけておけ!」と言われ続けたことが、人生を考える上で大きく影響したという。 

こういうアドバイスをしてくれる父親って偉大である。素直に聞かずに反発するパターンも多そうだが。

投資においても「高値で売りぬく」ことは難しいと言われている。

学生の時の彼氏とは絶対に別れたらいけないということ。

女子学生、研修医が読んでたら意識を変えて恋愛に挑んでほしい

▼さらに戦略的な女性のキャリアデザインを考えた▼

女性医師のキャリアデザインを真面目に考えた
たまに学会で女性医師のキャリアについての話を聞いたりする。 子育て、家事、研究、臨床とすべてをこなすスーパーウーマン的...


偉そうなことを言って、じゃあ自分のことは…「独身男性医師の恋愛事情」…書きづらいな。

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ