大学院で研究してよかったことを挙げてみる

この記事が気に入ったらシェア

前回(今の時代の医師に学位が必要なのか考えてみた)、学位は必要性はないがメリットはあると書いた。

バイオ系の博士号を持ったポスドクも在籍していて、彼らから学ぶものも多かったように思う。

今回、自分が研究から何を学んだか、具体的に思いつくことを挙げてみた。

  1. プレゼン力
  2. 英語で論文を読む力
  3. 問題解決能力

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

プレゼン力

毎週のようにプレゼンをするのでプレゼンの手法については考えさせられた。

プレゼンのうまいポスドクがいて参考になった。

スライドは淡白と言えるくらいシンプルで、ストーリー構成がしっかりしているので分かりやすい。

一方、研究内容は立派だが、スライドも話もまとまりがなくて、分かりにくいプレゼンをする人もいて、これも参考になった。

昔は研究の話は難しくて分からないと思っていたが、理解できないのは難しいからではなくてプレゼンが下手だからということが分かった。

英語で論文を読む力

「学生のとき原著でハリソンを読みました」なんていう人もいるけど、自分は三流大学出身なので、当然ハリソンの原著は読んだことはないし英語には抵抗がある。

それまでは日本語論文ばかり読んでいたが、研究する上では大量の論文を英語で読まないといけない。

たくさん読んでいるうちに、それなりに抵抗は無く読めるようになった。

Google翻訳も多用はしているが。

今は臨床で気になることがあった時もすぐに英語論文にアクセスできる。

問題解決能力

臨床ではなんとなくうまくいくこともあって、それで許される。

しかし研究ではなんとなくうまくいっても再現性がなければ失敗に等しくて、常に理詰めで考えなければならない。

また、うまくいかなかった時はどうするか、次の手まで考えて実験をしなければすぐに手詰まりになってしまう。

そして分からないことがあれば論文を検索し解決法を模索する。

これで診療で行き詰ってしまうということは少なくなった。

学位は役に立ってないけど、これらの考え方が診療で役に立っている。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ