独身医師が結婚について考える 【書評】「困難な結婚」内田樹

この記事が気に入ったらシェア

我々独身男性は結婚というものを真剣に考える必要があるが、結婚についてポジティブな話というのはほとんど出てこない。

女にはメリットだらけだが、男に結婚のメリットは無いと。

▼結婚についての記事

そこでこの本、内田樹の「困難な結婚」である。

「結婚前の人は、したくなる。結婚している人は、気楽になる。そのためにこの本を書きました。」とのことで期待して読んでみた。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

困難な結婚の感想

なぜ結婚しなくちゃいけないのか。

大人になるために結婚する

結婚したあと、僕の「人生の厚み」は増した。

人間て、これほどいろいろなつらいこと、悲しいこと、うれしいこと、頭にくることに遭遇するんだ…ということを骨身にしみて味わいました。

それらの経験のうち無駄なものは一つもない。

つらいこと、悲しいこと、うれしいこと、頭に来ること、って良いこと少なっ…。

結婚は成長するための最良の機会だ、と。結婚生活で修行して人として成長できたのがよかったとのこと。

うーん、それが結婚の魅力なのか。

セーフティネットとしての結婚

率直に申し上げて、ご自身が「健やか」で「富める」ときは別に結婚なんかしてなくてもいいんです。

結婚しておいてよかったとしみじみと思うのは「病めるとき」と「貧しきとき」です。

結婚というのは、そういう人生の危機を生き延びるための安全保証なんです。

結婚は病気になった時のための「保険」で、結婚生活は「保険料」みたいなものか。

まとめると、「つらい結婚生活に耐えれば将来助かるし、人間的に成長する」のが結婚の良さということらしい。

この本を読んでも結婚が魅力的なものとは思えなかったが、「きついことを経験しないと人はダメになる」と考えるなら、結婚の必然性もあるのかもしれない。

次回は結婚映画を紹介する。

独身男子が見るべき結婚映画「ゴーンガール」
今回は独身男性におすすめの結婚映画を紹介する。 デヴィッドフィンチャーの「ゴーンガール」である。 ▼前回の記事▼...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

この記事が気に入ったらシェア

地方の皮膚科医をフォロー

ブログランキング

▼ブログランキング▼

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ