「紅の豚」がジブリの中で一番好きな映画だ。


この映画も子供の時は面白さが分からなかったけど、大人になって良さが分かってきた。


関連記事:年をとってトトロが好きになった話 ジブリレビュー①

空賊と賞金稼ぎが飛行機で戦う明るく陽気なアニメなのだが、時々シリアスな面が顔をのぞかせる。


一番好きなのは昔の仲間フェラーリンとの映画館での会話。

紅の豚映画館

フェラーリン「なあマルコ、空軍に戻れよ。」


ポルコ「ファシストになるより豚の方がマシさ。」


フェラーリン「冒険飛行家の時代は終わったんだ。国家とか民族とか、くだらないスポンサーを背負って飛ぶしかないんだよ。」


ポルコ「俺は俺の稼ぎでしか飛ばねえよ。」


飛行艇にロマンを求め続けているポルコへの憧れや羨みも感じさせる場面である。


フェラーリンは現実との折り合いをつけながら生きていかざるを得ない。


そんな中で「男のロマン」を追い求めることの難しさとカッコよさが際立つ。


こういう何気ないシーンに気づくと、この作品の深みが分かってくる。


解説本「ジブリの教科書」を読むと時代背景が分かる。



この作品の舞台は第二次世界大戦前、世界大恐慌(1930年ごろ)真っ只中のイタリアで、一党独裁の軍国主義へシフトしようとしている時代。


この映画の陽気さは、戦争に向かう暗い世界へのアンチテーゼになっている。


「バカ騒ぎはつらい事をかかえているからだし、単純さは一皮むけて手にいれたものなのだ。どの人物も大切にしなければならない。そのバカさを愛すべし。」宮崎駿


お気楽で陽気だが意外とシリアスという絶妙なバランスがこの映画の良さだと思う


また驚くのは、最初は「最初は豚が飛行機に乗る」という設定だけで制作が開始されて、「なぜポルコが豚になったのか」やシリアスな部分は後付で加えられていったということ。


宮崎駿はシナリオを作らずに映画を作り始めて、作りながらストーリーを決めていくという作風らしくて、
初期作品はこれがうまくいっている。


後期作品でどう変化していくのかについても今後書いていく予定。