ダークファンタジーの金字塔ベルセルク。


長期休載を繰り返していて完結は絶望的と言われているが、最近連載が再開されたので読んでいる。


いわゆるエログロな描写が多いので万人にお勧めができないんだけど、知らない人のために解説。


簡単なあらすじ

隻眼、隻腕の主人公ガッツが、身の丈を超える大剣「ドラゴン殺し」と義手に仕込んだ大砲を武器に人外の化け物「使徒」と戦う物語。

 

彼は首筋に「生贄の烙印」を刻まれていて悪霊に命を狙われる。


毎晩悪霊と戦いながら、仲間達を殺した使徒と、烙印を刻んだかつての親友グリフィスを倒すため復讐の旅を続ける。


学生のときに初めて読んでグロテスクでダークな世界観に魅せられ、これが大人のマンガなのだと思った。


掲載誌のヤングアニマルが間違って成人雑誌コーナーに置いてあることが多いのも大人な感じだった。


生身の人間にも容赦しないガッツ(18巻)。人間では歯が立たない。
ガッツ1

ガッツはムチャクチャ強いのだけど、対する使徒もムチャクチャ強い。

使徒ロシーヌと戦うガッツ(16巻)。
ベルセルク2

音速を超えるスピードでとにかく強いロシーヌ。
ロシーヌ

これだけの敵をどうやって倒すのか。強力な相手に人間の力と知恵のみで戦うバトルは熱い。


コミックの大まかな流れ

13巻:ガッツと使徒の戦い①


3
14巻:過去編(グリフィスと共に戦い生贄の烙印を刻まれるまで)


14
21巻:ガッツと使徒の戦い②


22
巻~:ガッツが魔女と出会い魔法の力で妖精島を目指す


人間の力と知恵のみで戦うはずだったが、22巻以降は魔法と魔法アイテムが登場して緊張感が薄れてしまった。


しかしずっと読んできた思い入れのあるマンガだから、どう話が進むかは気になっている。

 

後編はベルセルクで一番面白いと言われる過去編について。


次回、完結するのか気になるマンガ「ベルセルク」後編